前田寿安

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
前田寿安「日本のおんな」in 『秘婉』(マイウェイ出版], 2011)
前田寿安古都抄』in SMプレイ1973年(昭和48年)2月号。

まえだ じゅあん、1939年(昭和14年)5月26日 - 。歌川大雅の門下。1963年に劇画作家としてデビュー。SMセレクト創刊号以来、SM挿絵画家、劇画家、イラストレーターとしての幅広く活動。団鬼六と共作多い。

概要

絵師。日本出版美術連盟会員。実話と秘録SMマガジンSMセレクト小説SMセレクトSMファン別冊SMファンSMクラブSMフェニックスSM秘小説SMスパイダーマニア倶楽部などの多くのSM雑誌の作品発表。

別名

前田寿按、前田寿庵

略歴

1939年(昭和14年)、北海道生まれ。

1957年(昭和32年)、高校を中退し、歌川大雅の内弟子となるため上京[1]

1963年(昭和38年)、芳文社より劇画デビュー。以後双葉社・集英社のプレイボーイ等で劇画を執筆。

1970年(昭和45年)、SMセレクト創刊号掲載の団鬼六『穴倉夫人』の挿絵[2][1]

1972年(昭和47年)、SMキング8月創刊号から団鬼六原作『劇画 花と蛇』を連載。開始。1973年(昭和47年)4月号まで続く。

1980年(昭和55年)、劇画、イラスト、挿画、スポーツ新聞の挿画等、多誌にわたって活躍。

1985年(昭和60年)、夫人の実家である長野に移り、以後長野を拠点に活動[1]

1987年(昭和62年)4月21-26日、ロイヤルサロンギンザにて『出版画実術家連盟8人展<艶>』。小妻要小悪征夫堂昌一沢登みよじレオ澤鬼西村春海日影眩前田寿安

2008年(平成20年)、奈加あきら「夢流想倶楽部」レーベルのDVDジャケットを製作。

2010年(平成22年)3月15日−27日、『責め絵展「闇桜」』於ヴァニラ画廊

エピソード

  • 中学時代から歌川大雅と交流をもっていた[1]
  • 6年以上歌川大雅宅で内弟子として修業[1]。「絵を教わった事は一度もないそうです。テクは盗む物・・精神だったらしく、お手伝いさんの様な生活。でも人生の基礎、わびさび等々は学んだみたいです。」「父は何度か先生に作品を見てもらいましたが『君の画く絵は色っぽすぎて大人向けだ!』と言われ路線を大人の劇画に変えて行きブレイクしはじめました。」[1]
  • 「前田寿安」の名前は歌川大雅につけてもらった[1]
  • 実弟は「前田海(かい)」でやはり絵師(歌川大雅の弟子ではない)[注 1]。2000年頃逝去。[1]

作品

画集

小妻容子前田寿安椋陽児悦虐肌秘画三人集 艶女 惑溺の被戯宴』(ヤック翔竜社, 不明)(企画・編集:魁歓社)

絵本

  • 前田『どうぶつのおやこ』

展覧会

  • ヴァニラ画廊 前田寿安 責め絵展「闇桜」2010年(平成22年)3月15日~3月27日

映画

  • D坂の殺人事件』(東京テアトル, 1998)(原作:江戸川乱歩、美術:池谷仙克 前田寿安、音楽:池辺晋一郎、緊縛指導:早川佳克、監督:実相寺昭雄、助監督:高橋巌、出演:真田広之 吉行由実他)

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 前田寿安氏ご息女からの私信 to U 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name "daughter"が異なる内容で複数回定義されています
  2. これがSM雑誌へのデビューで、それ以前のSM雑誌には絵を発表していない。団鬼六とは旧知であったが、SMセレクトの話は東京三世社からの依頼。

注釈

  1. 高倉一編集の檸檬社黒の手帖』1971年(昭和46年)創刊号に前田海らによる「三島由紀夫・特集」がある。

お役たちweb

つながり

団鬼六