SMミラージュ

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
SMミラージュ1983年(昭和58年)2月創刊号。表紙は山口椿

えすえむみらーじゅ世田介一が1983年(昭和58年)に群雄新社から創刊した同人誌的なSM雑誌。六本木薫佐久間一韋山口椿椋陽児等。8号まで続く。

概要

発行年・出版社

1983年(昭和58年)2月〜1984年(昭和59年)4月、群雄新社ミラージュ社

発行人・編集人

三輪高志発行。編集が宗礼阿

主な出来事

SMミラージュ1983年(昭和58年)2月創刊号から荒川也寸志のルポ。
SMミラージュ1983年(昭和58年)2月創刊号から六本木薫のルポ。

1983年(昭和58年)2月15日 『SMミラージュ』創刊。企画・編集世田介一群雄新社から。三輪高志発行。編集が宗礼阿世田介一六本木薫が中心。表紙は山口椿

佐久間一韋の投稿写真。撮影:邑内一、緊縛:六本木薫のグラビア。

第2号(4.15)には椋陽児の名前が。

3号(6/15)には今井一夫の名が。

4号(8.15)。

5号(9.15)。

6号(12.15)の編集後記で、宗礼阿が「スペシャリーS&Mが復刊されるという噂が飛んでいる。私に言わせればどの面下げて・・・以前の会社でスペシャリーS&Mの11号から24号まで編集に関わっていた。交通事故にあった山谷秋人の穴を埋めるべく24号はほとんど私が独断で・・・29号は売れた。その後内部確執・・・けんか別れでD社を出た」と大共社の社長との確執を吐露。

7号(1984.2.15)

8号(4.15)で休刊。

増刊号

1984年(昭和59年)1月、増刊第2号「燃焼のリベラルゾーン」。企画・編集:世田介一、発行者:三輪高志、発行所:ミラージュ社

エピソード

世田介一が関与。

主な記事

  • Dr. ハルマ実用SMテクニック講座 第1回SMミラージュ第3号 1983年(昭和58年)6月15日
  • Dr. ハルマ実用SMテクニック講座 第2回SMミラージュ第4号 1983年(昭和58年)8月15日
  • Dr. ハルマ実用SMテクニック講座 第3回SMミラージュ第5号 1983年(昭和58年)9月15日
  • Dr. ハルマ実用SMテクニック講座 第4回SMミラージュ第6号 1983年(昭和58年)12月15日
  • Dr. ハルマ実用SMテクニック講座 第5回SMミラージュ第7号 1984年(昭和59年)2月15日
  • Dr. ハルマ実用SMテクニック講座 第6回SMミラージュ第8号 1984年(昭和59年)4月15日

脚注

お役たちweb