春川ますみ

提供: SMpedia
移動先:案内検索

はるかわ ますみ、1935年(昭和10年)11月10日-

概要

ストリッパーから女優に転身。日劇ミュージックホール時代から谷崎潤一郎村松槍風などがファンだった。寺山修司のお気に入りの女優でもある。春川ナミオの「春川」は「春川ますみ」に由来する。

別名

瀧川マチエ、メリー・ローズ、ダルマちゃん、ジャンボちゃん

略歴

1935年(昭和10年)11月10日、栃木県宇都宮市に生まれる。

1950年代中頃、メリー・ローズとして浅草ロック座日劇小劇場に出演。

1953年(昭和28年)7月15日、日劇ミュージックホールでの『人魚の恋文』で春川ますみ名でデビュー。

1954年(昭和29年)7月9日、梅田にOSミュージックホール開場。出演:春川ますみ[2]

1957年(昭和32年)、日劇ミュージックホールを退団。

1958年(昭和33年)、東宝映画『続・社長三代記』で映画デビュー。

1959年(昭和34年)、2月26日〜5月5日、日劇ミュージックホールで『白日夢』(原案:谷崎潤一郎、出演:小浜奈々子瞳はるよ花浦久美島淳子、特別出演:益田隆矢田茂春川ますみ)

1964年(昭和39年)、今村昌平監督作品、日活映画『赤い殺意』での春川ますみの強姦シーンが映倫によるカット対象[3]

1966年(昭和41年)12月、春川ますみアートシアター新宿文化での人間座寺山修司アダムとイブ、私の犯罪学』に出演。江田和雄演出。

1974年(昭和49年)、寺山修司の映画『田園に死す』に「空気女」の役で出演。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 『The Nichigeki Music Hall』(東宝, 1982)
  2. 2.0 2.1 細江光戦後の谷崎潤一郎--新資料に寄せて』(甲南女子大学研究紀要, 1999)
  3. 桑原稲敏切られた猥褻』(読売新聞社, 1993)
  4. 春川ナミオインタビュー お尻に魅せられて」by 松沢呉一 in 「聖女の臀堂」(タコシェ, 2006)

注釈

お役たちweb

つながり