火石利男

提供: SMpedia
移動先:案内検索
Pinkyパンチ 1971年(昭和46年)5月号より。

ひいし としお、1930年(昭和5年)頃-

概要

仕掛人。1950年代後半からモデルプロダクションの火石プロを主宰し、火鳥こずえ、愛染恭子などの多くのモデルをピンク映画などに提供していた。

別名

略歴

1959年(昭和34年)頃、火石プロを名乗る[1]

1968年(昭和43年)、ピンク俳優の権利を守る「独立映画俳優協会」の理事長に就任。発足会の様子は団鬼六の『鬼六談義 狐の話』奇譚クラブ1968年(昭和43年)5月号で紹介されている。

1971年(昭和46年)、プレイボーイ12月7日号に『ポルノ専科 可愛いコちゃん30人体当り面接調査』として大きく紹介されている[1]

1971年(昭和46年)、「時間ですよ」シリーズの女湯場面に女優供給[2]

1972年(昭和47年)2月12日、未成年者を就労させた疑いで火石プロの社長(42)を検挙[3]

1973年(昭和48年)、東映映画『セックスドキュメント エロスの女王』(監督:中島貞夫、音楽:荒木一郎、出演:火石利男ローズ秋山夫妻、稲倉清純)で火石利男の率いる火石プロが紹介されている。

エピソード

作品

引用文献

  1. 1.0 1.1 『ポルノ専科 可愛いコちゃん30人体当り面接調査』プレイボーイ 1971年(昭和46年)12月7日号, p20-p26.
  2. ネット情報
  3. 昭和47年(1972)の少年犯罪
  4. 山邊信雄私信 to U, 2011_8

注釈

お役たちweb

つながり