村井弦

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
1982年(昭和57年)3月13日にスナイパー1でおこなわれた東京SM企画による『変態SM地獄IV〜羞恥責め・やわはだなぶり』での村井次郎[1]

むらい げん、じろう、19??年(昭和??年)-

概要

桜田伝次郎が主宰していたGSG企画のSMショーで責め役として出演しいたパフォーマー。GSG企画が中野の中野クィーン(本田富朗の店)で行っていたSMショーのイベント、『東京SM倶楽部[2]や『東京SM企画』のSM水族館に関わっていた[1]

別名

村井弦 村井次郎[注 1]

略歴

劇団を作る[1]

1978年頃、長田ゼミナールを手伝いSMを知る[1]

1981年(昭和56年)4月2-5日、西荻窪のGSG企画室にて『SM飼育室III-4』(演出:村井次郎)料金10,000円[3]

1982年(昭和57年)2月26日、スナイパー1にて東京SM企画による『SM縄獣館秘話』出演:中野裕子朝野かほり[4]

1982年(昭和57年)3月13日、スナイパー1にて東京SM企画による『初縄・雛奴隷』出演:朝野かほり小林あけみ[4]

1982年(昭和57年)3月13日、スナイパー1にて東京SM企画による最終企画『変態SM地獄IV〜羞恥責め・やわはだなぶり』演出:村井次郎[4]ビーナス No.9には村井次郎が主宰するSM水族館の同場所での最終公演として紹介。

1980年代前半?、三和企画からの自販本ショック』創刊号にSMマニアとのトーク記事の聞き手として名前がある。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 ビーナス No.9
  2. 桜田伝次郎, 私信 to U, 2014.4.9
  3. ぴあ1981年(昭和56年)No.126
  4. 4.0 4.1 4.2 桜田伝次郎, 私信 to U, 2019

注釈

  1. Ugo独自判断

お役たちweb

つながり