本郷座

提供: SMpedia
移動先:案内検索
1890年(明治33年)、春木座の頃の本郷座

概要

明治初期から昭和初期まで存在した十座の1つ。

別名

所在地

東京都文京区本郷本郷区春木町(現在の三丁目)

歴史

1873年(明治6年)7月11日、奥田座として開座。

1876年(明治9年)、春木座と改名。

1884年(明治17年)頃、9代目市川団十郎と5代目尾上菊五郎が出演し人気。

1889年(明治22年)、歌舞伎座でオープンしたこの頃の公認劇場は、大劇場が歌舞伎座明治座、深野座(新富座)、市村座春木座鳥越座で小劇場は浅草常盤座、下谷柳盛座、中州真砂座、浅草宮戸座、本所寿座、神田三崎座、赤坂演技座、駒形浅草座、四谷瓢座、根岸栄座、下谷開盛座、深川深川座だった。

1890年(明治23年)、本郷大火で類焼。

1896年(明治29年)6月、伊藤晴雨がの春木座での壮士芝居「日清戦争・夜討之仇譚」の看護婦の拷問シーンを観て感銘をうける[1][注 1]

1899年(明治32年)7月、再築開場。

1902年(明治35年)、本郷座と改名。川上音二郎一派の『ハムレット』などが盛況を極め、新派全盛の原動力。

1930年(昭和5年)、松竹の映画館。

1945年(昭和20年)3月10日、東京大空襲にて消失。

エピソード

引用文献

注釈

  1. 男優が女装で演じていた。

お役たちweb

つながり