五月信子

提供: SMpedia
移動先:案内検索
五月信子演ずる『火あぶり」の「富山くに」。「世界の刑罰性犯変態の研究」より。
五月信子 (1894-1959 )

さつき のぶこ、1894年(明治27年)2月13日- 1959年(昭和34年)。大正時代の女優。明治27年生。映画『人肉の市』『高橋お伝』の主役。伊藤晴雨をモデルとした『火あぶり」の舞台では主演の「富山くに」役。日本最初のSM女優?

概要

大正時代の無声映画の名女優。舞台女優。高学歴で毒婦役を得意としていた女優。1923年(大正12年)には伊藤晴雨が「現代の被縛文芸の先駆けを為すもの」と評したElisabeth Schøyen原作の『人肉の市』の映画に主演。また戦前に、高橋義信と設立した先駆座で、伊藤晴雨をモデルとした鈴木泉三郎の縛りを含む戯曲、『火あぶり』を上演している。大正時代のSM女優ともいえる存在。

別名

english、前川しのぶ、前川忍子[1]

略歴

1895年(明治28年)9月11日、本郷に生まれる[1]

1921年(大正10年)、松竹キネマ創立と共に入社。「愛の骸」で映画デビュー。

1923年(大正12年)、映画『人肉の市』で主演。

1925年(大正14年)、近代座や五月信子一座で舞台。

1936年(昭和11年)、映画『高橋お伝』で主役。

戦前に、高橋義信、五月信子らが設立した先駆座鈴木泉三郎伊藤晴雨をモデルとして、1921年(大正10年)に発表した『火あぶり』を上演している[2]

エピソード

代表作

日本映画データベース

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 泉沢悟朗『裸にした映画女優』(日本映画研究会, 1925)
  2. 晴雨画伯を偲んで裏窓1961年(昭和36年)4月号, p176-183.

注釈


お役たちweb

つながり