有楽座

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

[1]

別名

所在地

歴史

1908年(明治41年)頃、曾我廼家五九郎曾我廼家五郎から独立して有楽座で一座を旗揚げ。第2回公演で失敗。続く演伎座、真砂座の公演も失敗。座員を入れ替えた帝國館での公演が大当たり[2]

エピソード

引用文献

  1. 伊藤晴雨非小説『性液』(七)奇譚クラブ1954年(昭和29年)8月号, p78
  2. 河瀬蘇北『現代之人物観無遠慮に申上候』(二松堂書店, 1917), p355

注釈

お役たちweb

つながり