御前珠里

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
御前珠里

みさき あかり

概要

モデル。名古屋を中心に活動。浅草ロック座所属モデルからフリーランスモデルに。ストリップ、自吊、AV、撮影会などで活動。

別名

御前珠里 御前あかり 池谷しずく[1] Akari

略歴

2012年(平成24年)11月21日、浅草ロック座所属ダンサーとして新宿ニューアートで舞台デビュー[1]

2013年(平成25年)3月14日、神威十兵衛と出会い、受け手となる[1]

fethica(自吊乱舞)6/23

2013年(平成25年)8月、浅草ロック座の所属を辞し、フリーランスモデルに。

2013年(平成25年)10月14日、不羈魂邂闢(自吊)

2013年(平成25年)10月26日、M&M10周年イベント緊縛ショー(縛り手 蓬莱かすみ

2013年(平成25年)11月24日、妖帝デカダンス

2013年(平成25年)12月、神威十兵衛から独り立ちを命じられる[1]

2013年(平成25年)12月1日、鬼姫in大阪(縛り手 蓬莱かすみ

もうひとつのストリップ(自吊) 12/22(共演者 楓姐さん、栗鳥巣姐さん、夏川姐さん、卯月姐さん)

VIVID COLOR「サリー」2/20~23 浜劇フェティッシュ(縛り手 永遠)2/25

2014年(平成26年)3月3日、シアターPOOにて『官能小説朗読自慰劇団・艶美座第一回旗揚げ公演』【出演】御前珠里水無月み遊結月里奈&ななこ、倖田李梨三代目葵マリー

2014年(平成26年)3月9日、東新宿「秘密倶楽部」にて『おんな祭り vol.4』。出演:十三花&とも、 ゆき&あさみ、 れい&Aya-ya、 葵小夜&なお、 吉田よい&neri、 美夜月エマ&あんず、 永遠&美結、 可南&紫乃、 蓬莱かすみ&御前珠里

妖艶奇宴 妖帝デカダンス×化け猫屋敷 自己陶酔的見世物小屋(自吊)3/16

桜田伝次郎ショー4/26

ヌーディングライブ撮影会4/29

2014年(平成26年)7月7日、シアターPOOにて『蓬莱かすみDVD発売記念』(出演:蓬莱かすみ、NAO御前珠里)

2014年(平成26年)7月17日、Tokyo Borderless TVで『たのしいあかりちゃんねる』を配信開始。

2014年(平成26年)10月、クラウドファンディングタイプの『たのしいあかりプロジェクト』をスタート。緊縛、ゼンタイウェットメッシーボンデージ・・様々なフェチの内容を画像・映像化。

2014年(平成26年)10月26日、名古屋SARUにて『Baby Face vol.3』。出演:蒼月流蓬莱かすみ&御前珠里天馬ハル上条早樹一鬼のこ。ブース:エロ王子永遠吉田よい悟空

2016年(平成28年)8月21日、大西フォートにて永遠主催の「怨縛」。出演:蓬莱かすみ&Misa國嫺じぇす&入華永遠&さくら御前珠里舎舎迦舎

2016年(平成28年)9月17日、DX歌舞伎町SM大会での青山夏樹 -Passion-」【出演】青山夏樹さかき藍御前あかりアスカ

2016年(平成28年)10月、愛媛県松山市に「gallery salon Alica」オープン。

2016年(平成28年)11月6日、名古屋Velvet Iscreamにて『Baby Face vol.4』。出演:奈加あきら&紫月いろは蒼月流&このは蓬莱かすみ&御前珠里永遠&いか想縄会(百舌×ささみ×ちよはる不琉市×える)。ブース:紅龍華吉田よい悟空エロ王子稀月亮太

エピソード

  • 新宿ニューアートでのデビューは戸川純の曲を使いロック座らしくないアングラな演目[1]
  • 御前三姉妹の末(2014.3)
  • 浜劇出演の際に無門縛を訪れ神威十兵衛の受け手となる[1]
  • 名付け親は神威十兵衛で「十兵衛を照らすあかり」の意を込めたもの[1]御前珠里はさらに「人を輝かせる存在」へと考えをシフト[2]

代表作品

雑誌

  • 「緊縛公開調教の夜」in マニア倶楽部2013年(平成25年)7月号[注 1][1]

ビデオ

ボンテージアドベンチャー美大生誘拐事件(隷嬢寫眞館)

聖夜の生贄(隷嬢寫眞館)

レオタードボンテージ4(隷嬢寫眞館)

トップレスボンテージ淫(隷嬢)

ナース珠里(地獄之道化師)

映画

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 私信 to U, 2014.3.5
  2. 私信 to U, 2014.7.10

注釈

  1. 無門縛で行われた神威十兵衛の「公開調教」ライブの模様。

お役たちweb

つながり