後手高手小手のいろいろ

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

概要

緊縛テクニックの基本中の基本と言える後手高手小手。緊縛師によって実に様々な縛り方が実践・紹介されている。

ジョー田中

  • 参考ビデオ:ジョー田中SM教室縛り編』(ARROW, 1982)
  • 「後手縛り」と呼んでいる。
  • 太めの綿ロープを使用。
  • 二本折りの縄頭に輪っかを作り、これで手首を縛ることからスタート。
  • さらに手首を一回しし、緩まないようにわっかを抜く形で締める(志摩紫光の手首縛りに似ている)。
  • 二本のロープを合わせて肩から全面に回し、乳房の下を斜めに通し、腕の下から背面に戻す。
  • 再度、肩から前面に回し、逆の乳房を縛る(前から見るとロープはX字)。
  • 二本目の縄を背中からスタートされ、二の腕部分から乳房上側を水辺に回して縛る。
  • 余った縄は腰に飾り縄。さらに、股縄縛りへと続けている。

志摩紫光

  • 参考ビデオ:志摩紫光SM SEX ビギナー編』(志摩プランニング, 1988)
  • 絹のロープを使用。
  • 「後ろ手縛り」と呼ぶ。
  • 手首を重ねないで上下に組み、手首の内側が外側を向くように配置させる。
  • 最初のロープは手首ではなく、腰に巻くのが特徴。縄頭のループに縄を通して絞る。
  • 腰から、背中後ろの手首を下から上に二回回す。
  • 腰の縄に1度通し、背中側から上にもっていき、左の二の腕にかけ、前を通して背中で折り返して締める。
  • 背中で結んで返して、胸の下を回す。
  • 背中で返して、ロープを二本に分ける。それぞれを左右の肘の少し上に輪っかを通す形で絞り、肘が開かないように固定。

濡木痴夢男

千葉曳三

  • 参考ビデオ:千葉曳三新・緊縛講座 -初級から中級へー』(耽美会, 不明)(出演:千葉曳三 渡瀬彩花 佐々良淋)
  • 「後手胸縄乳房強調」と呼んでいる。
  • 麻縄を用いている。
  • 手首を縛る時の結び目の作り方を詳細に解析している。
  • 1本の縄で乳房上と下の横縄、上の閂まで縛っている。
  • 閂は乳房上の横縄かけ、下から上に通している。
  • 2本目の縄で下の閂を入れるが、ここでは縄を一本づつにわけ、左右の乳房下側の縄に閂を入れる方法を紹介。
  • 閂はわっかを抜く形で二の腕にかかる前後のロープを絞るタイプ。
  • 余った縄を背中から肩を通って乳房の下の横縄の2本(1組)だけで折り返す絞り方を紹介。

宝紅緒

  • 参考ビデオ:宝紅緒緊縛学入門1』(セビアン, 2001年頃)
  • 「後小手縛り」と呼ぶ。
  • 麻縄を用いている。
  • 手首を下から上に二重巻して固定。
  • 乳房の上を一回しし、背中で折り返して乳房の下を一回し。
  • もともシンプルな後手高手小手の1つ。
  • 閂をかけたバージョンも紹介しており、閂は左右に分けた一本の縄で乳房下の縄をわっかで絞るタイプ(長池士と同じ)。
  • さらに縄を分けないで二本のまま閂をかけるバージョンも紹介。この場合も、わっかで絞るタイプ。

長池士

  • 参考ビデオ:長池士SMにおける縛り方の極意1』(インターラボ, 2002)
  • かなり長い綿ロープを使用。
  • 手首が「小手」、二の腕が「高手」で、「後ろ高手小手」はこの両方を縛るのだと解説。
  • 手首は二重に巻いて麻縄のように縛る。縄は上から下へ手首に回している。
  • 右腕から回している。
  • モデルをぐるぐると回すのが特徴。
  • 乳房の上は一回しのみ。
  • 背中で折り返し乳房の下を一回し。
  • 背中で、わっかを抜く形でロープを固定。
  • 縄を一本づつにわけ、左右の乳房下側の縄に閂を入れる。
  • 閂はわっかを抜く形で二の腕にかかる前後のロープを絞るタイプ。
  • 余った縄を背中で結び二本に束ね、肩から前面に回し、乳房下の縄で返して背面に戻す。
  • 背面で余った縄を処理して完成。

速水健二

麻来雅人

  • 参考DVD:麻来雅人緊縛心得・巻之一』(縛りの手帖, 2005)
  • 「ごてしばり」と呼び、特に腕を水平より上の角度にあげた縛りを「後手高手」と呼んでいる。
  • 脇の締まり」の重要性を強調している。
  • 胸の周りは同方向に折り返し無しで二重に回している。
  • 右腕から回している。
  • 乳房上に1本、乳房下に1本、それぞれ独立に完結して用いる。
  • 閂は乳房下の縄にかけ、下から上に通している。
  • 上記DVDでは、飾り縄として、乳房下縄の正面からかけるものと、乳房上縄の正面からかけるものをそれぞれ紹介している。

有末剛

  • 参考DVD:有末剛緊縛の心と技2 (床技編1)』(十五や, 2009)
  • 「後手縛り(ごてしばり)」と呼んでいる。
  • 胸の周りは背中の立て縄で折り返す縛り方。ただし乳房下の縄は、立て縄に一回しするが、折り返さないで同方向に進めている場合もある。
  • 左腕から回している。
  • 継ぎ縄をして、一本で縛る縛り方。
  • 閂は乳房上にかけ、下から上に通している(下から上に通すのが良いと強調)。さらに乳房下にも閂を入れる縛りも見せている。
  • 飾り縄として後ろから肩を経て、前の乳房下の縄で折り返し、さらに小手の位置で水平に回し、最後は草鞋網の例。継ぎ縄を用いている。


  • 腕を水平より上の角度にあげた縛りを「高手小手縛り」と呼んでいる。

奈加あきら

引用文献

注釈

お役たちweb

関連ページ