山之内幸

提供: SMpedia
移動先:案内検索

やまのうち さち、19??年(昭和??年)-

概要

別名

english 山我静、山之内静、山芽史図

略歴

2010年(平成22年)4月~2012年(平成24年)1月、マニア倶楽部の発行人・編集長

2010年(平成22年)6月10日、緊縛ドラマ「人質」製作企画:中原るつ、演出:山之内幸、出演:沢戸冬木、霞紫苑濡木痴夢男。撮影:山芽史図。スチール写真はKeiマニア倶楽部2010年9月号と11月号に発表。なお、スチール撮影現場にはMaster "K"が立ち会っている。</ref>[1]

2011年(平成23年)12月31日、濡木痴夢男早乙女宏美中原るつ山之内幸からなるユニット『ともしび』で写真集『夕日の部屋』を製作。

2011年(平成23年)、三和出版「マニア倶楽部」で『ともしび3部作』を連載。残念ながら反響と売り上げが伸びず写真集は2作目以降発刊されず。 濡木の持込企画のため三和出版から制作費が出ず、手弁当&費用折半で撮影。セット・スタジオは当時の「マニア倶楽部」編集長山之内幸の実家であった。 後に、連載原稿料が濡木に支払われたが、いわく「ケタがひとつ小さい、まるで小遣いだ」という簿謝程度だった。

2012年(平成24年)、三和出版「マニア倶楽部」の『ともしび3部作』終了をもって退職。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 濡木痴夢男のおしゃべり芝居 第百三十一

注釈


お役たちweb

つながり