中原るつ

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

なかはら るつ、19xx年(昭和xx年)-

概要

文筆家。風俗資料館の3代目館長。古典から現在までの幅広い風俗文化に対する深い知識をもつ。画集、写真集なども風俗資料館から製作している。

別名

中原路津[1]

略歴

2006年(平成18年)9月3日、門仲天井ホールにておこなわれた「蛙の会」公演で「街頭紙芝居」を。

2007年(平成19年)5月、風俗資料館の3代目館長に就任。

2010年(平成22年)6月10日、緊縛ドラマ「人質」製作企画:中原るつ、演出:山之内幸、出演:沢戸冬木霞紫苑濡木痴夢男。撮影:山芽史図。 スチール写真はKeiマニア倶楽部2010年9月号と11月号に発表。なお、スチール撮影現場にはMaster "K"が立ち会っている。 [2]

2011年(平成23年)12月31日、濡木痴夢男早乙女宏美中原るつ山之内幸からなるユニット『ともしび』で写真集『夕日の部屋』を製作。

エピソード

  • 学生時代、ここが図書館であることに感銘を受け、大学卒業後に自ら「就職するにはどうしたらいいか?」とスタッフ入りを志願[3]
  • 「蛙の会」で「活弁」「街頭紙芝居」などの古典芸能の保存活動。

代表作

参考資料

  1. 館淳一「ぐらんぴ日記」2009年4月4日
  2. 濡木痴夢男のおしゃべり芝居 第百三十一
  3. リアルライブ2008年01月19日より。

注釈

  1. 編集はアトリエサード

お役たちweb

風俗資料館