小出英男

提供: SMpedia
移動先:案内検索

こいけ ひでお、1933年(昭和8年)[1]

概要

戦後、御徒町に小出書房を設立し、後の大洋図書へと育てる。風俗草紙を創刊した夜久勉やガロの創刊者長井勝一ともつながりがあった。

別名

略歴

1952年(昭和27年)、小出書房を設立。特価卸業務。

1959年(昭和34年)、夜久勉長井勝一と共に「三洋社」を設立。白土三平の『忍者武芸帳 影丸伝』などを出版[1][注 1]

1965年(昭和40年)、「株式会社大洋図書」に商号変更。

1974年(昭和49年)12月9日、小出英男が死去。小出孝子が社長に[2]

1988年(昭和63年)3月、社長を小出英二に交代。

エピソード

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 長井勝一「ガロ」編集長』(筑摩書房, 1982)
  2. 八木敏夫『全国出版卸協同組合三十年の歩み』(全国出版卸協同組合, 1981)

注釈

  1. やがて三洋社は解散するが、長井勝一は1962年に「青林堂」を設立。

お役たちweb

つながり