伊藤竹酔

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

いとう ちくすい 、1884年(明治17年) - 1965年(昭和40年)

概要

伊藤晴雨の著作、画集、写真集などを発刊。粹古堂竹醉書房を経営。他にも「朝香屋書店」「南欧芸術刊行会」「国際文献刊行会」「日本愛書会」などの出版社を作る。

別名

伊藤敬次郎粹古堂主人

略歴

1884年(明治17年)、神奈川県宮の河岸に生まれる[1]

神田加治屋町の朝香屋書店の店員となる[1]

書肆敬文館を設立し薬学書などを出版。やがて朝香屋書店に戻る[1]

1913年(大正2年)、泉鏡花『遊行車』を出版。

1923年(大正12年)、関東大震災で朝香屋書店は消失・倒産。国際文献刊行会を本郷丸山福山町に設立。粹古堂の名で古本屋も始める。[1]

1931年(昭和6年)夏、伊藤晴雨と出会う。

戦後は王子飛鳥山下で出版業を続ける[1]

1961年(昭和36年)、須磨利之濡木痴夢男が東京王子飛鳥山下の伊藤竹酔宅を訪れ、緊縛写真ネガ約1200枚を購入。このいくつかは、金井行雄の名で裏窓に発表[2]

1965年(昭和40年)、永眠[1]

エピソード

  • 伊藤晴雨との出会いは「神田明神の近くに田村秋子の父が小料理屋をやっており、そこでの会で初めて会う。」[3]
  • 1952年(昭和27年)9月20日付で喜多玲子に宛てた手紙には「酔古堂伊藤竹酔とは少々訳があって絶縁いたしました」とある[4]
  • 1961年(昭和36年)、須磨利之濡木痴夢男が東京王子飛鳥山下の伊藤竹酔宅を訪れ、緊縛写真ネガ約1200枚を購入。このいくつかは、金井行雄の名で裏窓に発表[2]
  • 「この二人(伊藤晴雨伊藤竹酔)ほどに対称的な正確は珍しく、・・・痩せ型小男でだんまりむっつり屋で、陰気な性格の竹酔・・・事実、二人は仲が悪かった」[1]

代表作

引用資料

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 斎藤夜居伝奇・伊藤晴雨』(青弓社, 1996)
  2. 2.0 2.1 秋田昌美濡木痴夢男不二秋夫『日本緊縛写真史 1』 (自由国民社, 1996)
  3. 晴雨画伯を偲んで裏窓1961年(昭和36年)4月号, p176-183.
  4. 美人乱舞:責め絵師伊藤晴雨頌』(弓立社, 1997)

お役たちweb