斎藤夜居

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

さいとう よずえ[注 1]、1924年(大正13年)-1988年(昭和63年)

概要

書誌研究家。1967年頃、伊藤晴雨高橋鐵の研究家として知られれていた。奇譚クラブに「性風俗資料入門」他を執筆。

別名

english、斎藤正一(本名)

略歴

1924年(大正13年)、 東京都北区滝野川に生まれる。

1943年(昭和18年)、早稲田工手学校土木科卒業。その後、古書店を経営。

1963年(昭和38年)、自費出版でガリ版刷りの書籍を数種類発行[1]

1963年(昭和38年)、高橋鐵を訪れる。その時、花咲一男と知遇を得る[1]

1988年(昭和63年)、永眠。

エピソード

  • 古書店を経営していた。
  • 「愛書家くらぶ」主宰。
  • 団鬼六奇譚クラブ1968年(昭和43年)8月号『鬼六談義 残酷な話』に「伊藤晴雨の映画化の打ち合わせ。企画会議でパスしたので今年か来年かにクランクイン。伊藤晴雨のことを調べるために斎藤夜居に教えをこわなければ。」とある。

代表作

書籍

  • 斎藤夜居雑談・古本漁し歩る記』(此見亭書屋 私家版, 1963)
  • 斎藤夜居本の虫いろいろ』(此見亭書屋 私家版, 1964)
  • 斎藤夜居カストリ考』(此見亭書屋 私家版, 1964)
  • 斎藤夜居書物探訪』(此見亭書屋 私家版, 1965)
  • 斎藤夜居続・カストリ考』(此見亭書屋 私家版, 1965)
  • 斎藤夜居伝奇伊藤晴雨』(豊島書房, 1966)
  • 斎藤夜居大正昭和 艶本資料の探求』(芳賀書店, 1969)
  • 斎藤夜居コレクトマニア奇譚』(街書房 私家版, 1970)
  • 斎藤夜居蒼太の美学』(街書房 私家版, 1974)
  • 斎藤夜居猟本猟奇』(街書房 私家版, 1975)
  • 斎藤夜居絵本古本屋ぐらし』(街書房 私家版, 1977)
  • 斎藤夜居粋珍本解題・第一輯』(街書房 私家版, 1979)
  • 斎藤夜居悩まざりし人ありや-評伝・高橋鉄』(太平書屋, 1980)
  • 斎藤夜居粋珍本解題・第二輯』(街書房 私家版, 1982)
  • 斎藤夜居愛書家の散歩』(出版ニュース社, 1982)
  • 斎藤夜居慶助曼荼羅』(進和文庫, 1982)
  • 斎藤夜居続・愛書家の散歩』(出版ニュース社, 1984)
  • 斎藤夜居セクソロジスト高橋鐵』(青弓社, 1996)[注 2]
  • 斎藤夜居伝奇・伊藤晴雨』(青弓社, 1996)[注 3]

雑誌

  • 斎藤夜居奇譚クラブの創刊号第二号について奇譚クラブ1967年(昭和42年)3月号,p78
  • 斎藤夜居珍書探訪記奇譚クラブ1968年(昭和43年)11月号, p26
  • 斎藤夜居明治の性典奇譚クラブ1969年(昭和44年)8月号, p70
  • 斎藤夜居晴雨と責め写真奇譚クラブ1969年(昭和44年)12月号, p92
  • 斎藤夜居絵巻・美人十二支奇譚クラブ1970年(昭和45年)1月号, p64
  • 斎藤夜居地獄の女奇譚クラブ1970年(昭和45年)8月号, p164
  • 斎藤夜居「珍画」「珍本」「珍写真」奇譚クラブ1970年(昭和45年)9月号, p192

引用文献

  1. 1.0 1.1 斎藤夜居の古書裏道物語 『雜談古本漁し歩る記』

注釈

  1. やきょとも呼ばれる。
  2. 『悩まざりし人ありや 評伝高橋鐵』を…修正を施し、一部分を割愛して復刻
  3. 豊島書房, 1966年版を復刻

お役たちweb

つながり