中田雅久

提供: SMpedia
移動先:案内検索

なかた まさひさ、1922年(大正11年)-

概要

編集人。

別名

略歴

1922年(大正11年)、神戸に生まれる。

1940年代、博友社の浅井康男に誘われ同社入社。『新青年』の編集。

1950年(昭和25年)11月、原稿依頼に高橋鐵を訪れたのをきっかけに、高橋鐵久保藤吉に誘われてあまとりあ社に入社[1]

1951年(昭和26年)3月、『あまとりあ』創刊号[注 1]

1951年(昭和26年)4月21日、『あまとりあ』の発行が軌道に乗ったことを祝し、「あまとりあ祭」として80名で伊豆・蓮台寺温泉に旅行。一行には高橋鐵伊藤晴雨、三宅一朗、川上三太郎、岡田甫、池田文痴庵、正岡容、林家正楽、北里俊夫、南部僑一郎、武野藤介、小野常徳が[1]

1955年(昭和30年)8月、『あまとりあ』廃刊。

1958年(昭和33年)8月、『マンハント』日本版の創刊

1958年(昭和33年)、『裏窓』の臨時増刊号、日本のミステリ特集『耽奇小説』シリーズを編集[2]

1961年(昭和36年)、伊藤晴雨の葬儀に参列。他に高橋鐵須磨利之上田青柿郎など[3]

1964年(昭和39年)、『マンハント』1月号で廃刊。この頃中田雅久あまとりあ社を退社。河出書房新社に移る。

1969年(昭和44年)、7月創刊の三崎書房での『えろちか』のプランニングを最後に、出版界を去る[2]

エピソード

  • 松村喜雄や都筑道夫と交流。
  • 須磨利之はその中田雅久のとなりに机を置き、「裏窓」の編集を始めたのです。」[4]
  • 推理小説専門誌『推理界』編集長の荒木清三と親しく、都筑道夫の「なめくじ長屋捕物さわぎ」が同誌へ連載されるキッカケを作ったのは中田だと言う(都筑道夫の証言。『推理作家の出来るまで(下)』に詳しい)。

作品

編集に関わった雑誌

引用文献

  1. 1.0 1.1 中田雅久あまとりあ回顧録』in 藤本義一編『あまとりあ傑作選』(東京スポーツ新聞社, 1977)
  2. 2.0 2.1 古本夜話10 『マンハント』編集長 中田雅久 
  3. 『巨星落ちたり-妖美画家 伊藤晴雨伝』美人乱舞:責め絵師伊藤晴雨頌(弓立社, 1997)
  4. 濡木痴夢男のおしゃべり芝居 第九十七回

注釈

  1. 創刊号の編集人は久保藤吉だが、中田雅久が編集の中心だった模様。

お役たちweb

つながり