杉浦則夫

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
杉浦則夫 (1942- )

すぎうら のりお 1942年(昭和17年)4月9日-


概要

いわゆる「昭和SM写真」と称される陰影の強い独特の様式を完成させた写真家。劇団ひとみ座の大道具係を経験後、1967年(昭和42年) 頃、浅草の名門ストリップ劇場、浅草東洋劇場進行係・照明係に就く。1971年(昭和46年)には団鬼六鬼プロに参加し、たこ八郎と共にピンク実演の制作やピンク映画の助監督を担当。その後、鬼プロが1972年(昭和47年)にSMキングを発刊した頃から、写真家として活動を開始し、70年代中頃に写真家として独立する。司書房の「SMファン」、東京三世社SMセレクト小説SMセレクトなどのメインカメラマンとして活躍し、特に1974年(昭和49年)8月から始まる濡木痴夢男とのコンビで、昭和SM写真の典型的なスタイルを確立する。1982年(昭和57年)からは三和出版SMマニアSM秘小説マニア倶楽部などに中心活動場所を移し、2002年(平成14年)頃からはインターネットを通じた作品発表にも力を入れている。

別名

Norio Sugiura、杉浦則文[注 1][1]

略歴

1942年(昭和17年)4月9日、名古屋生まれ[2]

1963年(昭和38年)頃、デザイン専門学校に進むが中退。劇団ひとみ座[注 2]に大道具として入団[3][4]

1967年(昭和42年) 頃、兄の紹介で浅草東洋劇場の進行係・照明係[注 3][5]

1971年(昭和46年)、浅草東洋劇場の閉鎖の後、たこ八郎から団鬼六を紹介され鬼プロに参加[注 4]たこ八郎が中心のピンク実演の第1回目の制作に関わる。鬼プロは渋谷区桜ヶ丘のAGアパートにあった[4]

1971年(昭和46年)頃、本木荘二郎が監督する鬼プロのピンク映画[注 5]の制作に、田代幸三と共に助監督として参加。3本ほど制作[注 6][3][4]

1972年(昭和47年)、SMキングの編集に参加し写真撮影技術を深めて行く[注 7][注 8]

1973年(昭和48年)、SMキング別冊、『辻村隆の世界』に始めて緊縛写真が掲載[注 9][4]

1970年代後半、写真家として独立[注 10]

1974年(昭和49年)8月4日、司書房の撮影で濡木痴夢男と初の仕事。撮影場所はけごん旅館でモデルはトンボ[6]

1975年(昭和50年)1月25日、東京三世社の撮影を「けごん旅館」にて。濡木痴夢男と。(これがおそらく杉浦則夫東京三世社での初仕事)。

1976年(昭和51年)8月、この頃からSMセレクトに作品掲載[7]

1976年(昭和51年)9月、ニューセルフ9月号に「太陽がまぶしい」写真:杉浦則夫、モデル:五月ナミ

1982年(昭和57年)春頃、浅田昌弘司書房から三和出版への独立に行動を共にする。「SMマニア」「SM秘小説」などの三和出版を中心に仕事をするようになる。

1980年(昭和55年)4月12日-13日、新宿ACB会館での『SM時代劇㊙拷問』撮影会のポーズ指導。

1980年代前半、アシスタントに橋本成喜橋本成喜の独立後、入れ替わり不二秋夫が1年程アシスタントに[8]

1980年代後半、濡木痴夢男のコンビが少なくなり、麻来雅人などの緊縛師と組む[8]

1986年(昭和61年)マニア倶楽部通巻第1号から2011年(平成23年)通巻第272号まで緊縛写真を毎号掲載している。

1990年(平成2年)、株式会社杉浦則夫写真事務所設立。

2002年(平成14年)10月、HP「公式電網雑誌」を麻来雅人と共に立ち上げる[4]。ムーンネット株式会社。

2005年(平成17年)、「公式電網雑誌」は6月に閉鎖。7月から(株)杉浦則夫写真事務所から「杉浦則夫緊縛桟敷」を立ち上げる。

2007年(平成19年)、久しぶりの濡木痴夢男とのコンビ撮影。

2010年(平成22年)1月24日、渋谷club『Module』にて『一縄会主催「冬縛縄宴」(第3回季縛縄宴)』。出演:よいゆうなゆり神田つばき杉浦則夫一鬼のこカリに~やんSHIMA Malphas海月くらげひこ獅子若Yagiё蓬莱かすみ紫護縄びんご時雨王子天ノ介音縄奈加あきら

2010年(平成22年)、奈加あきら長田スティーブ志摩紫光らとのコンビが多くなる。

2012年(平成24年)10月9日〜21日[注 11]、ギャラリー新宿座で初の個展『杉浦則夫写真展 女、裸、縄〜感じいるもの〜』。

2013年(平成25年)9月27日ー30日、ロンドン緊縛美の祭典に出演。日本からは奈加あきら上条早樹杉浦則夫が。

2013年(平成25年)10月27日、赤坂歌楽歌良屋での『団鬼六師を偲ぶ集い~鴇色の蹴出し~』。主催:クリエイティブスタジオ煉瓦。出演:早乙女宏美蕾火杉浦則夫鏡堂みやび黒岩安紀子奈加あきら、三宅貴代美。

2014年(平成26年)9月18-21日、サンフランシスコでの「BondCon 2014」に出演。日本からは杉浦則夫長池士風見蘭喜上条早樹

2015年(平成27年)6月7日、第1回縄の雲海塾を開催。出演:一鬼のこ蓬莱かすみ灯月いつか

2015年(平成27年)10月12-日、Schwelle 7 でワークショップと展覧会。

2017年(平成29年)4月9日、緊縛写真家としての活動45周年を記念した個展・写真集プロジェクトのクラウドファンディングが開始[9][注 12]

2017年(平成29年)12月10日、あわらミュージック劇場にて『極縄』。出演:杉浦則夫奈加あきら蓬莱かすみ灯月いつか蒼木樹里やすいきしょう悟空[注 13]

エピソード

代表作

映画

写真集

書籍

引用資料

  1. 1.0 1.1 マンボウ資料館、2010年の魂狩人氏による調査より。
  2. 杉浦則夫緊縛桟敷より。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 Kabukijoe氏によるインタビュー(2010)より。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 私信 to U, 2010.4.12
  5. 杉浦によると、浅草東洋劇場は初期のストリップスタイルで、脚本家、コメディアン、楽団員から構成。深井俊彦などとも仕事を共にした。
  6. 濡木痴夢男仕事メモ
  7. 私信 to U, 2014.11.6
  8. 8.0 8.1 SM秘小説webと縛りの日々
  9. 緊縛キネマより

注釈

  1. SMセレクト1975年(昭和50年)7月号、および10月号にこの名前が使われている。次に登場する1976年8月号では「杉浦則夫」となっている。
  2. ひょっこりひょうたん島で有名な人形劇団。1963年11月から1年間TBS系で放映された『伊賀の影丸』の制作に携わっていた。
  3. 杉浦の兄は既に浅草東洋劇場にいた
  4. たこ八郎とは浅草時代に知り合っていた。たこ八郎は浅草の舞台には出ていた記憶はない。彼の芝居も観たことはなかった(私信 to U)。
  5. 白い乳房の戦慄』(1970.4)(製作:鬼プロ、配給=ミリオン、監督:安芸敬三、脚本:団鬼六、出演:辰巳典子)の可能性あり。ただし年は1970年になる。
  6. 本木荘二郎が黒澤のプロデューサーであったことは田代幸三も教えてくれなかったので、2010年まで知らなかった。お酒好きの優しいおじさんで、可愛がってもらった(私信 to U)。
  7. SMキング時代は、メインは写真の編集であったようだ(Kinbakujoeインタビュー)。
  8. 鬼プロはこの頃にはピンク実演、ピンク映画は手を引いていた。
  9. 『倒錯の世界』の間違いか?確認中。全ての写真ではなく、一部が杉浦の作品。編集は杉浦と中原研一
  10. SM写真を集中的に撮り始める前に、1,2年一般エロ写真を撮影していた。
  11. 急遽会期を28日まで1週間延長。
  12. 「45年前に初めての緊縛写真を撮ったのが故辻村隆氏と向島百花園の廃屋であった。以来10年あまりを故濡木痴夢男氏と各社の月刊SM誌を撮り続けた。 編集者の想いは本作りに熱く文筆家、挿絵画家などもそうそうたるメンバーであった。モデル達も明日をもしれない生活を苦にしないフーテンであった。女達からは昭和の体臭を色濃くのこす懐かしいフイルム写真を残した。 そして現在のデジタル写真にいたるまでの個展・写真集制作を仲間の力を借り行いたいと思い、クラウドを募ることになりました。」
  13. 「クラウドファンディング連携イベント」として蓬莱かすみkira杉浦則夫写真事務所が企画。

お役たちweb