本木荘二郎

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
本木荘二郎(1914-1977)
昭和20年代、30代のころの本木荘二郎[1]

もとき そうじろう、1914年(大正3年)6月8日-1977年(昭和52年)5月21日。黒澤明「羅生門」「七人の侍」「生きる」「素晴らしき日曜日」「野良犬」「生きものの記録」等のプロデューサー。1962年以降はピンク映画の監督。『花と蛇より 骨まで縛れ』(ヤマベプロ, 1966)や鬼プロ作品も。

概要

映画監督。ディレクター。黒澤明の片腕として多くの名作を世に出したプロデューサー。1957年(昭和32年)に突然解雇された後、ピンク映画監督として低予算の作品を量産する。ピンク映画第1号作品として取り上げられることもある『肉体自由貿易』(国新映画, 1962)や『花と蛇より 骨まで縛れ』(ヤマベプロ, 1966.7)、団鬼六鬼プロ作品などを監督している。

別名

Sojiro Motoki、高木丈夫、岸本恵一、品川照二、渋谷民三、小針二郎、藤本潤三、(安芸敬三[注 1]

略歴

1914年(大正3年)6月8日、東京新橋に生まれる。実父は洋服の裏地の問屋[2]

1930年代、早稲田大学文学部仏文科卒業[2]。NHKのアナウンサーに採用[1]

1938年(昭和13年)、東宝株式会社入社。

1943年(昭和18年)、山本嘉次郎の助監督。

1944年(昭和19年)12年、女優岩田ふさえと知り合い結婚。婚姻届は昭和21年[2]

1948年(昭和23年)8月、東宝株式会社依頼退職。

1953年(昭和28年)、浜田百合子と再婚。

1957年(昭和32年)、「どん底」製作中契約解除。黒澤明と決別[注 2]

1962年(昭和37年)11月、『肉体自由貿易』(国新映画)を制作。この作品をピンク映画第1号とする説もある[注 3][3]

1965年(昭和40年)、テレビ放送社[注 4]でダビング作業中に山邊信雄と知り合う[注 5][2]

1966年(昭和41年)1月、ヤマベプロでの初監督作品と思われる『裸の復讐』企画:山邊信雄、製作:高木丈夫(=本木)監督:高木+松原次郎、原作が花巻京太郎(=団)の「黒猫作戦」。

1966年(昭和41年)、ヤマベプロ作品『汚辱の女』を監督(高木丈夫の名前)。脚色は黒岩松次郎たこ八郎が出演している。

1967年(昭和42年)8月、寿プロの『処女のためいき』を高木丈夫の名前で監督。谷ナオミが出演している。

1971年(昭和46年)頃、団鬼六の鬼プロ制作の映画を監督。助監督として鬼プロの杉浦則夫田代幸三があたる[4]

1977年(昭和52年)5月21日、持病の喘息により北新宿のアパート第2淀橋荘で病死。遺体は本人の希望で学術解剖に。

エピソード

  • 田中友幸、藤本真澄と共に東宝三大プロデューサーと言われていた[5]
  • 黒澤明は本木荘二郎と訣別した後、作品数は低下し、苦境をなめる。
  • 本木の低予算映画は、当時テレビドラマが30分番組を4日間、三〇〇万円という低予算で作り始めており、それを倣ったといわれる[5]
  • 男優の関多加志、佐野日出男等が本木のアパートに居候していた[5]。関多加志のアパート(「第2淀橋荘」)に本木が居候していたという記述もある[1]

代表作

参考資料

  1. 1.0 1.1 1.2 『現場の磁力「北新宿」』週刊ポスト2010年(平成22年)7月23日号, p130。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 藤川黎一『虹の橋 黒澤明と本木荘二郎』(虹プロモーション、1984)
  3. アダルトメディアランダムノート
  4. 私信 to U, 2010.4.12
  5. 5.0 5.1 5.2 鈴木義昭『ピンク映画水滸伝 その二〇年史』(青心社, 1983)

注釈

  1. 団鬼六『蛇のみちは―団鬼六自伝』(幻冬舎, 1997)には「鬼プロ4作目の映画を監督本木荘二郎で制作」とある。4作目が『白い乳房の戦慄』(1970.4)(製作:鬼プロ、配給=ミリオン、監督:安芸敬三、とすると、この安芸敬三も本木荘二郎の変名かもしれない。
  2. この頃、「妹ノブと母は世田谷でお菓子屋を経営していた。本木が転がり込み、定期預金を勝手に使い込む。翌年の春には借金取り立てのやくざがおしかける」とある(『虹の橋』より)。
  3. 後藤敏説。他の説は3月公開の小林悟『肉体の市場』(協立映画)をそれとする村井実説。
  4. 山邊信雄団鬼六が勤めていた。
  5. しばらくして、「団鬼六を使って『花と蛇』を撮った年・・・・目黒の長崎丸のマンションに本木が来て・・・(映画を撮らして欲しいというので)2つ返事で撮ってもらった。」とある。
  6. 『続・花と蛇』を映画化したもの。奇譚クラブ1966年(昭和41年)11月号『鬼六談義 三文マニヤ文士』、中宮栄奇譚雑談 夜の徒然草奇譚クラブ1966年(昭和41年)10月号, p172、東山映史『最近の縛り映画から奇譚クラブ1966年(昭和41年)12月号, p14、および、奇譚クラブ1966年(昭和41年)10月号, p22「編集部便り」にこの映画について引用されている。
  7. 東山映史『最近の縛り映画から奇譚クラブ1966年(昭和41年)12月号, p14では、主演女優が小岸綾子のような書き方をしている。また日本映画データベースでは、 火鳥こずえの名がリストされているが、ポスターではここにリストされているキャスト名が明記されている。

お役たちweb

つながり

団鬼六 谷ナオミ 山邊信雄