花真衣

提供: SMpedia
移動: 案内検索
花真衣

はな まい、1958年(昭和33年)-

概要

ミストレス。1980年(昭和55年)に長田英吉のショーパートナーとしてSAMMでデビューしたが、縛りの受け手と同時に、中野クィーンでの女王様としての生活も開始。SAMMで始めた自縛ショーや、刺青をトレードマークに、新東宝にっかつの映画やビデオに数多く出演し、カリスマ女王様としての地位を確立。1989年(平成元年)から拠点を関西に移す。

別名

Mai Hana、麻衣

略歴

1977年(昭和52年)、上京。ミカドのホステスとなる。スターダストのママとなる。

1980年(昭和55年)頃、賀山茂のSMサロン『SAMM』に長田英吉のショーパートナーとして出演[注 1]。ほぼ同時期に中野クィーンで女王様デビュー[注 2]

1981年(昭和56年)10月、SAMM自縛ショーを始める[注 3]

1982年(昭和57年)4月、「独占・男の時間」に出演。

1982年(昭和57年)6月、SAMMの客の一人であった新東宝の専務の誘われ[1]、『濡れ肌刺青を縛る』(監督:渡辺護)に主演。

1982年(昭和57年)11月、日劇ミュージックホールに出演。

1982年(昭和57年)、「花真衣縛り方教室」開催。

1982年(昭和57年)、暗黒舞踏派のグループと組んで、劇場を借り切りSM舞踊。

1983年(昭和58年)、にっかつ団鬼六 蛇の穴』(鬼プロ製作)に出演。緊縛は賀山茂

1983年(昭和58年)7月、日劇ミュージックホールの公演「演歌 IN エロス 女からおんなへ」に出演。

1989年(平成元年)、新大阪にSMクラブ『フェニックス』を開店。

1990年(平成2年)、花スタジアム、ビデオ会社設立。

1998年(平成10年)、『フェニックス』は新大阪から西明石に。

2003年(平成15年)、大宮劇場に出演。

2003年(平成15年)11月、ショーアップ大宮で開催された『ザ・SMワールド』に出演。

2004年(平成16年)、ショーアップ大宮『ザ・SMバトル』他に出演。

2005年(平成17年)1月、郡山劇場に出演。

2005年(平成17年)、ショーアップ大宮『ザ・ビッグSM』、DX歌舞伎町『スーパーDX SM伝説誕生編』他に出演。

2005年(平成17年)4月、神戸第一劇場に出演。

2005年(平成17年)11月、九条OS に出演。

2006年(平成18年)6月、月に一度の趣味の会「マニア倶楽部西明石」をスタート。また2ヶ月に一度、東京で調教する「東京フェニックス」をスタート。この頃、青山夏樹と二人女王様調教をおこなっていた模様。

2006年(平成18年)12月、兵庫県明石市西明石駅前でスナック「華水木」を開店。

2006年(平成18年)、DX歌舞伎町『プロジェクトショウアップSMファイナル伝説』他に出演。

2007年(平成19年)7月、DX歌舞伎町、九条OS劇場他出演。

2013年(平成25年)11月24日、シアターPOOにて『女王様の毒艶会 番外公演・ショーアップ大宮伝説』【出演】花真衣三代目葵マリー夜羽エマ小夜子有賀美雪結奈美子長田一美

エピソード

  • 縛りの受け手としては相手はほとんど長田英吉だけ。賀山茂の相手も少しした[1]
  • 「花真衣」の名前は、渡辺護の映画に初めて出る時に、渡辺護監督が姓を「花」に決め、また、それまで使っていた「麻衣」を字画の良い「真衣」に換えて誕生した[1]
  • ピンク映画での緊縛シーンは、緊縛指導は自分自身でやっていた[1]
  • 1982年(昭和57年)から刺青を入れ出す。
  • 麿赤兒の初監督作品が花真衣主演の『性獣のいけにえ』[2]
  • 新大阪の『フェニックス』にはオランダのDomaからミストレスとスレーブが来てプレイを楽しんだ[1]
  • 「ショーや映画ではパフォーマーとしての意識が強いので性的快感を感じるわけではない。プライベート調教で楽しんでいる」[1]
  • SAMMの地下には中国人の料理人がいて、美味しい中華料理をサーブ。彼に教えてもらったクリーム煮を今でもお店で出している。」[1]

代表作

映画

  • 濡れ肌刺青を縛る[注 4]』(新東宝, 1982.8)(監督:渡辺護、出演:花真衣 下元史朗 杉佳代子 山地美貴 亜季いずみ 鶴岡八郎 大谷一夫 堺勝朗)
  • 痴漢電車良いOL・悪いOL・普通のOL』(日本シネマ, 1983.1)(配給:新東宝、監督:稲尾実、脚本:せらじゅん、出演:東裕里子 麻生うさぎ たかとりあみ 花真衣 螢雪次朗 成田誠)
  • 団鬼六 蛇の穴』(鬼プロ, 1983.2.25)(配給=にっかつ、企画:奥村幸士、原作:団鬼六、脚本:佐伯俊道、監督:藤井克彦、緊縛指導:賀山茂、出演:志麻いづみ 花真衣 水木薫 松井美世子 中原潤)
  • 刺青女を縛る 蛇と牡丹』(渡辺ぷろだくしょん, 1983.2)(配給:新東宝、監督:渡辺護、脚本:小水一男、出演:花真衣 宇治絵美 亜希いずみ 五月マリア 香川留美 下元史朗 鶴岡八郎 堺勝朗 中川恒 豊島六男)
  • 花真衣 自縛』(新東宝, 1983.8)(監督:梅沢薫、助監督:西田洋介、脚本:梅沢薫 片岡修二、出演:花真衣 今日珠美 亜希いずみ 末次真三郎 牧村耕次 北村大造 松本嘉 森橋和宏 左陣太 下元史郎 風かおる)
  • 緊縛縄で泣く』(新東宝, 1983.12)(監督:梅沢薫、脚本:しらとりよういち、出演:花真衣 織本かおる 木村知美 末次真三郎 牧村耕次 不知火艶)
  • 性獣のいけにえ』(オフィスツー, 1984.7)(配給:新東宝、製作:大阿久和夫、監督:磨赤児、脚本:丸山良尚、出演:花真衣紫衣名 伊藤清美 古川あんず 三宅優司 松田政男 大杉漣)
  • SM 刺青本番』(新東宝, 1984.11)(製作:伊能竜、監督:片岡修二、脚本:片岡修二、出演:スージー明日香 いとうようこ 麻生うさぎ ジミー土田 狼狂二 外波山文明 大杉漣 花真衣)
  • 刺青女優 花真衣犯して縛る』(新東宝, 19)(監督:加治恵、脚本:加治恵 千葉綱一、出演:花真衣 藤井ヒロミ)

AV

  • 花真衣・自縛/入墨地獄』(VIP, 1983)
  • 花真衣の緊縛体験』(三和, 1984)
  • クイーン オブ クイーン12 奴隷ハント』(ファミーホームソフト, ABU, 199?)(出演:花真衣)
  • クイーン オブ クイーン16 哀れな痴漢』(ファミーホームソフト, ABU, 199?)(出演:花真衣)
  • クイーン オブ クイーン17 恐怖の針責め』(ファミーホームソフト, ABU, 199?)(出演:花真衣)
  • 艶麗・女☆奴隷商』(北川プロ)
  • 美脚刺青支配 花真衣』(ブレーントラストカンパニー)
  • LIVE!~伝説の刺青女王 花真衣@show up 大宮~』(プロスパート, 2005)(監督;夏樹、出演:花真衣)

写真集

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 私信 to U, 2012.2.7
  2. Focus, 1984年(昭和59年)6月8日号
  • 早川舞『そのとき歴史が鞭打たれた 第5回 伝説の女王様と華麗なるその舞台』レポ2011年(平成23年) No. 5

注釈

  1. たまたまバーで知り合った女性が長田英吉のショーパートナーで、SAMMに誘われたのがきっかけ。それまでは全くSMの世界は知らなかった。その後、長田英吉のショーパートナーとしてSAMMがストリップ劇場に出演(私信 to U, 2012.2.7)
  2. 長田英吉のショーで覚えた技術を中野クィーンで実践する、といったMとSの同時併行の生活(私信 to U, 2012.2.7)
  3. きっかけは、長田英吉が交通事情でショーの開始時間に間に合わないことが分かったので、急遽賀山茂に提案し、自分一人で緊縛ショーを行ったところ、予想以上の反響があった(私信 to U, 2012.2.7)
  4. 花真衣 濡れ肌刺青を縛る』としてビデオ販売。

お役たちweb

つながり

賀山茂 花真衣とSAMMと長田英吉