長谷川敬

提供: SMpedia
移動先:案内検索

はせがわ けい、19??年(昭和??年)-

概要

風景写真家出身の写真家。杉浦則夫が抜けた司書房だが、しばらくして長谷川敬が登場(1982年頃)。実力のある写真家で期待されたがしばらくして風景写真の世界に戻る[1]

別名

english、長谷川敬二、ハセケイ、亀田満?

略歴

1982年(昭和57年)春頃、司書房から浅田昌弘松本裕杉浦則夫らが離脱。司書房杉浦則夫に変わるメインカメラマンとして長谷川敬に仕事を依頼[2]

エピソード

  • 司書房から依頼された時点で、既に他の分野で成功した写真家であった[2]。おそらく他の名前があるのであろう。
  • 濡木痴夢男とのコンビ作品も多い。濡木痴夢男長谷川敬の緊縛写真を評価している[2]
  • SMファン1984年(昭和59年)4月号の『豊幹一郎の唯縄士独尊』で「現在長谷川カメラマンは、司書房発行の「SMファン」」本誌および「別冊SMファン」の専属のような形になっており、ほかのSM雑誌には一切登場しない」「永野編集長と長谷川カメラマンのコンピがいま実にぴったりとうまく」とある。

代表作

引用文献

  1. 私信M to U
  2. 2.0 2.1 2.2 ぬれきしんぶん33号

注釈

  1. モデル:荒井桜、三沢あや、佐々木絵里。「SMを撮り始めて、四度目」の記述が。
  2. 2.0 2.1 SMファンの80年代前半の写真を集めたもの。

お役たちweb

つながり