野沢堤雨

提供: SMpedia
移動先:案内検索
野沢堤雨『秘戯図巻』
野沢堤雨『見たて源氏絵』(1911)静岡県立美術館収蔵

のざわ ていう、1837年(天保8年)-1917年(大正6年)。琳派の絵師。酒井抱一の孫弟子。伊藤晴雨が幼少の頃(明治22年)、3年間師事。「晴雨」の「雨」は「堤雨」から、「晴」は彫金師の内藤静宗から由来。

概要

琳派の日本画家。酒井抱一の弟子である池田孤邨の弟子。伊藤晴雨が7才の頃、野沢堤雨に師事した[1]

別名

english

略歴

1837年(天保8年)、誕生。

1879年(明治22年)頃、伊藤晴雨が絵を習い始める[注 1][1]

1906年(明治39年)、村越向栄、酒井道一、稲垣其達、野沢堤雨が四皓会を結成。

1917年(大正6年)、永眠。

エピソード

代表作

1858年(安政5)の会沢正志[注 2]の書に布袋の絵を描いている[4]

江戸琳派の美: 抱一・其一とその系脈(別冊太陽, 平凡社,2016.10.6)

引用文献

  1. 1.0 1.1 伊藤晴雨僕の思い出噺人間探求1952年(昭和27年)21号〜26号
  2. 伊藤櫟堂向島にいた人々』(文藝春秋, 1934.4, 5)
  3. 3.0 3.1 「雨と名のつく人々」アサヒグラフ1956年(昭和31年)6月17日号。
  4. Yahooオークションに出品されていた。2013.5.19

注釈

  1. 彫刻師には絵が必要という父親の考えで。小学校の帰りに習いに行った。
  2. 水戸学の学者。常陸水戸藩士 藤田幽谷門 郡奉行、彰考館総裁等を歴任。徳川斉昭から取り立てられ藩政改革を補佐、藩校弘道館の初代教授頭取を勤める。

お役たちweb

つながり