琳派

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

桃山時代後期に起こった絵画・工芸の流派。江戸時代中期の尾形光琳が発展させ、弟子の酒井抱一が引き継いだ。酒井抱一の孫弟子にあたる野沢堤雨が幼少の頃の伊藤晴雨に絵を教えた1[1]

別名

主な出来事

エピソード

引用文献

  1. 伊藤晴雨僕の思い出噺人間探求1952年(昭和27年)21号〜26号

注釈

お役たちweb

つながり