石川精亨

提供: SMpedia
移動先:案内検索

いしかわ せいりょう、1929年(昭和4年)− 


概要

編集者。カストリ雑誌の代表格である『りべらる』(太虚堂書店)で編集者としての経歴をスタートし、その後、三世社司書房三和出版と主要なSM関係出版社に関わった。

別名

「せいりょう」はおそらく愛称としての読み方。ネット上では「石川精享」と混在している。

略歴

1929年(昭和4年)、生まれる

1940年代、早稲田大学文学部仏文科に入学。

1952年(昭和27年)頃、在学中に『りべらる』の編集に入る[1]

1953年(昭和28年)頃、『りべらる』を辞め、映画会社のシナリオ部に入る[1]

三世社に入社。

1961年(昭和36年)、画報実話雑誌10月号の編集・発行が石川精亨になっている。

1971年(昭和46年)7月、東京三世社から石川精亨他3名が独立し、桃園書房の子会社として司書房を創立。

1982年(昭和57年)春頃、浅田昌弘石川精亨古川隆らが株主となり三和出版に移籍。松本裕も移る。杉浦則夫三和出版を主な発表の場とする。

1986年(昭和61年)2月1日、三和出版から創刊された『ミスタールパン』の発行人。

1990年代、三和出版の子会社の広告会社アド・ベスト・センターの社長[1]

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 永江朗アダルト系出版社のルーツを探せ!』in 別冊宝島「性メディアの50年」(宝島社, 1995)

注釈

お役たちweb

つながり