河鍋暁斎

提供: SMpedia
移動先:案内検索
河鍋暁斎錦絵新聞作品。大阪日々新聞1875年(明治8年)より。夫の浮気相手の下女を殺害しその陰部をえぐり取り夫に刺身として食べさせた事件の記事。

かわなべ きょうさい、1831年(天保2年)-1889年(明治22年)4月26日。幕末から明治の絵師。歌川国芳の門人。戯画、風刺画、春画と幅広い作品。明治30年には反政府的な風刺画で投獄。小林清親らが影響を受ける。

概要

幕末から明治初期の浮世絵、狩野派双方の素地を持つ絵師。歌川国芳の門下。戯画や風刺画、春画が多い。

別名

english、狂斎

略歴

1831年(天保2年)、下総国古河(現茨城県古河市)に、藩主の次男として生まれる[1]

1837年(天保11年)、歌川国芳に入門[1]

1870年(明治30年)、政府高官を誹謗する風刺画を描いて投獄。

1881年(明治14年)、第二回内国勧業博覧会に出品した「枯木寒鵜図」が妙技二等賞(最優秀賞)を受賞。

2015年(平成27年)6月27日-9月6日、三菱一号館美術館にて『画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』展。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 Wikipediaより

注釈


お役たちweb

つながり