錦絵新聞

提供: SMpedia
移動先:案内検索

にしきえしんぶん

概要

明治初期に大ブームとなった錦絵を中心とした大衆新聞。新聞のいわゆる三面記事を錦絵化したもので、新聞の普及にも貢献した。落合芳幾月岡芳年水野年方、また明治後期には伊藤晴雨なども絵を描いていた。

別名

新聞錦絵、

主な出来事

1872年(明治5年)、郵便報知新聞社が日刊新聞『郵便報知新聞』を創刊。現在の報知新聞に続く[1]

1875年(明治8年)、先行する『錦絵版東京日々新聞』の人気を受け、錦昇堂が『錦絵版郵便報知新聞』を創刊。[1]

1884年(明治17年)10月4日、東京日々新聞の創始者、條野伝平が『警察新報』を創刊[2]

1886年(明治17年)10月7日、『警察新報』が『やまと新聞』に改題[2]

1909年(明治42年)、伊藤晴雨が「やまと新聞社」に挿絵主任として入社。

エピソード

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 千葉市美術館編『文明開化の錦絵新聞―東京日々新聞・郵便報知新聞全作品』(国書刊行会, 2008.1)
  2. 2.0 2.1 Wikipediaより

注釈

お役たちweb

つながり

東京日々新聞 やまと新聞 郵便報知新聞 落合芳幾 月岡芳年 伊藤晴雨