江戸時代の警察制度

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
伊藤晴雨江戸時代の警察制度

江戸時代の警察制度(えどじだいのけいさつせいど)は伊藤晴雨が警察官向けの教養文庫として1951年(昭和26年)に出版した書籍。

概要

伊藤晴雨が警察官向けの教養文庫として1951年(昭和26年)に出版した書籍。『警察教養文庫5』として出されている。


発行年・出版社

1951年(昭和26年)6月10日、立花書房[注 1]

発行人・編集人

橘ナントカ

内容

エピソード

  • 66ページ。
  • 番屋、同心、目明かし、岡っ引きなどについて挿話を挟みながら簡潔に解説。
  • 「遊廓の警察制度」「髪結床」「追ひ込み三日」「縄の掛け方」などの解説。
  • 「依頼されてわずか15日間で書いた」と後記に。
  • 定価30円。
  • (以上、web情報)

引用文献


お役たちweb

つながり

注釈

  1. 東京都千代田区神田錦町1-14
  2. 2.0 2.1 猟奇 1947年(昭和22年)5月号表紙裏面に広告。