新樹書房

提供: SMpedia
移動先:案内検索

あらきしょぼう

概要

戦後まもなく文芸雑誌などを出版していた。1958年(昭和33年)頃から路線変更し辰巳出版三世社とならびエロ本出版の老舗的な存在となる。「夫婦生活」の編集を辞めた高倉一が関与。

歴史

1946年(昭和21年)7月、『文藝サロン』創刊。

1948年(昭和23年)、『讀切講談世界』を出版している。

1958年(昭和33年)、「夫婦生活」の編集を辞めた高倉一が老舗出版社の春陽堂をバックに『女の百科』を創刊[1]

1961年(昭和36年)頃、高倉一は抜ける[1]

所在地

東京都足立区千住4-49 1948年(昭和23年)頃

はじめは春陽堂のビルの三階に編集部を置く[1]

事業

雑誌

  • 文藝サロン』(1946.7-)
  • 讀切講談世界』(1948-)
  • 女の百科』(1958-)
  • 週刊漫画Q
  • 週刊特報』(1961.2.22 - )
  • 医学と事件
  • TANTAN
  • 週刊情報』(1970年頃)
  • 週刊情報臨時増刊 おとなのための愛の絵本 第1集』1970年(昭和45年)10月[注 1]
  • 『季刊ドラキュラ』(1973)(唐十郎責任編集)

書籍

エピソード

  • 新樹書房っていうのは、はじめからぼく(高倉一)がタッチしてたんだ。新樹書房のバックは春陽堂[注 2]、昔は文学の名門ですよ。」[1]
  • 「編集部長をしていたW氏が大亜出版(のちのダイアプレス)を作り、営業部長だったS氏は若生出版を作った。」[1]

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 永江朗アダルト系出版社のルーツを探せ!』in 別冊宝島「性メディアの50年」(宝島社, 1995)

注釈

  1. 編集:宇田川良雄、執筆:森山大道、宇野亜喜良、篠山紀信、群堺介、佐伯俊男、林家正楽、城清治、峰洋一郎、坂口英雄、鈴木史郎康、清水勝雄、すずき大和、ふじ沢光男
  2. 時代小説などの出版で有名な1878年(明治11年)創立の出版社。

お役たちweb

つながり