巻野憲二

提供: SMpedia
移動先:案内検索
柳盛座で1906年(明治39年)11月1日に行われた盛隆會夜興行『蘆分小舟』の辻番付伊藤晴雨の手によるものかもしれない。伊藤晴雨と親交のあった巻野憲二が出演。
柳盛座で1903年(明治36年)6月1日に行われた松隆會興行『十萬圓』の辻番付奇譚クラブ1953年(昭和28年)7月号のグラビアに伊藤晴雨の作として掲載。当時の辻番付そのものなのか、あるいは奇譚クラブのために伊藤晴雨が記憶を頼りに描いたものなのか不明。

まきの けんじ、19??年(昭和??年)-

概要

明治時代の新派の役者。伊藤晴雨と交流があった。

別名

巻野憲次

略歴

1903年(明治36年)6月1日、柳盛座で公演された「松隆會巻野憲次一座」の公演『十萬圓』の辻番付らしきものが奇譚クラブ1953年(昭和28年)7月号のグラビアに掲載されている[注 1]

1906年(明治39年)11月1日、柳盛座で公演された『蘆分小舟[注 2]に出演。

1906年(明治39年)頃、伊藤晴雨が当時懇意になった鳥越警察の巡査に連れられ、柳盛座巻野憲二一座の公演を観劇。楽屋に連れて行ってもらい、その後も出入りを続ける[1]

1906年(明治39年)頃、伊藤晴雨は近くの柳盛座巻野憲二一座と懇意にしていたが、その座員の阿部信夫開盛座に移るに伴い、開盛座へも出入りするようになる[1]

エピソード

代表作

引用文献

注釈

  1. ただし、これが当時の辻番付そのものなのか、あるいは、当時の記憶をたどって、伊藤晴雨が戦後に描いたものなのかは不明。伊藤晴雨辻番付を描き出したのが、1906年(明治39年)頃とする説は、後者を支持する。
  2. Charles Dickensの原作が池雪蕾の訳で都新聞に連載されていたもの。

お役たちweb

つながり