富岡永洗

提供: SMpedia
移動先:案内検索
富岡永洗、1904年(明治37年)の作。

とみおか えいせん、1864年(元治元年)4月28日-1905年(明治38年) 8月3日。明治時代の浮世絵師。弟子には井川洗崖松本洗耳らが。『都新聞』『風俗画報』などの挿絵。伊藤晴雨は「女の責場を写生に依って描かんとした」と評している。

概要

明治時代の浮世絵師、日本画家。小林永濯の門人。井川洗崖松本洗耳が師事する。『都新聞』『風俗画報』などの挿絵。

別名

english、秀太郎、藻斎

略歴

1882年(明治15年)頃、小林永濯に弟子入り。

エピソード

  • 伊藤晴雨其の頃を語る(三) 明治期の被縛画家奇譚クラブ1953年(昭和28年)8月号, p28で解説されている。
  • 「女の責場を写生に依って描かんとした」とある[1]

代表作

引用文献

  1. 伊藤晴雨責め場の今昔奇譚クラブ1956年(昭和31年)10月号, p88

注釈


お役たちweb

つながり