マンタム

提供: SMpedia
移動先:案内検索

どくたー はるま、(生年月日不詳)。1980年代のにっかつSM映画の何本かで緊縛師としての名前がクレジット。同時期にSMミラージュ誌上で『実用SMテクニック講座』を連載。ストリップの劇場でSMショーもおこなっていた模様。

概要

1974年(昭和49年)頃からストリップの劇場でパートナーとSMショーをやっていた模様。1983年(昭和58年)頃のにっかつSM映画で緊縛指導をした[1]

別名

Dr. ハルマ D・ハルマ マンタム Mantam 田村秋彦

略歴

1975年(昭和50年)、大阪芸大で初の映像作品となる「畜骸曲舞団」を制作[2]。大阪芸大は中退。

1979年(昭和54年)、上京。イメージフォーラムで「normal lamp」上映[2]

1984年(昭和59年)、古道具屋の修業[2]

2010年(平成22年)、パラボリカ・ビスで初の個展[2]

2015年(平成27年)8月17日、六本木ナイトギャラリーCROWにて『マンタム緊縛師時代(Dr. ハルマ)のSMよもやま話』。

2018年(平成30年)1月26日、横浜のギャラリーソコソコで緊縛講座を開催。

エピソード

代表作

映画

雑誌

書籍

引用文献

注釈


お役たちweb

つながり