ダイコーミュージック

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

大阪夕凪橋にあったストリップ劇場。

別名

ダイコウミュージック、大阪ダイコー、ダイコー、ダイコーミュージックホール

所在地

大阪市港区八幡屋1-10-23

歴史

1963年(昭和38年)、益田凡児ダイコーミュージックをオープン[1]

1965年(昭和40年)7月、6月の京都に引き続き青木順子がベトナム動乱にちなんだSM劇[2]

1966年(昭和41年)、ローズ秋山がアブノーマル演劇と銘打った<女体責め>の劇をやっていたと奇譚クラブ1967年(昭和42年)1月号, p10に紹介。

1966年(昭和41年)、奇譚クラブ2月号, p157に丸鬼頭佐渡『青木順子さんについて』。1965年(昭和40年)7月の大阪ダイコウミュージックでの『気の弱い男の愛と死』『内気な男の愛と死』での向井一也との舞台の詳細を報告。

1970年(昭和45年)、ローズ秋山が公演。

1973年(昭和48年)、「天狗レス」ショー。

エピソード

  • 「関西でも歴史の古い小屋。”キャバレー・ムードのヌード社交場”」と銘打つだけあって、舞台がなく、フロアショー・スタイルなのがここの劇場の特徴。
  • 地下鉄・朝潮橋徒歩5分
  • かぶりつき人生』(日活, 1968)(監督:神代辰巳、原作:田中小実昌、出演:殿岡ハツエ他)のロケ地で使われている。

引用文献

  1. cobanobuのブログ
  2. 1965年(昭和40年)9月号, p20

注釈

お役たちweb

つながり