「アートビデオ」の版間の差分

提供: SMpedia
移動先:案内検索
(主な監督)
(主な監督)
7行目: 7行目:
  
 
==主な監督==
 
==主な監督==
裏川幸</option>
+
裏川幸
ジャンゴ修</option>
+
ジャンゴ修
</option>
+
天晴凡夫</option>
+
天晴凡夫
荒木Etsurou</option>
+
荒木Etsurou
荒木悦郎</option>
+
荒木悦郎
痛見快楽</option>
+
痛見快楽
一縄詩音</option>
+
一縄詩音
一瀬JUN</option>
+
一瀬JUN
海野TODO</option>
+
海野TODO
オールスタッフ</option>
+
[[黒田透]]
[[黒田透]]</option>
+
小宮三太
小宮三太</option>
+
[[ゴールドマン|GOLDMAN]]
[[ゴールドマン|GOLDMAN]]</option>
+
斉藤茂介
斉藤茂介</option>
+
榊原賢
榊原賢</option>
+
榊原KEN
榊原KEN</option>
+
佐渡万造
佐渡万造</option>
+
シルビア滝口
シルビア滝口</option>
+
シンプルSANO
シンプルSANO</option>
+
JINNO
JINNO</option>
+
JINNO悟
JINNO悟</option>
+
高瀬泉
高瀬泉</option>
+
高橋孝英
高橋孝英</option>
+
篁りょう
篁りょう</option>
+
[[ダーティ工藤]]
[[ダーティ工藤]]/option>
+
チャールズ・ヤン
チャールズ・ヤン</option>
+
[[豊田薫]]
[[豊田薫]]</option>
+
ドクター・チム
ドクター・チム</option>
+
中野貴雄
中野貴雄</option>
+
七星遊一
七星遊一</option>
+
成田均
成田均</option>
+
[[名和徹]]
[[名和徹]]</option>
+
[[濡木痴夢男]]
[[濡木痴夢男]]</option>
+
猫男爵
猫男爵</option>
+
[[速水健二]]
速水健二</option>
+
東園賢
東園賢</option>
+
松原剛
松原剛</option>
+
ミスターK
ミスターK</option>
+
水城洋助
水城洋助</option>
+
MINECK軍団
MINECK軍団</option>
+
ミネック軍団
ミネック軍団</option>
+
ミネックJr.
ミネックJr.</option>
+
[[峰一也]]
[[峰一也]]</option>
+
村上RYUJI
村上RYUJI</option>
+
[[夢流ZOU]]
[[夢流ZOU]]</option>
+
夢流ZOU軍団Etsurou
夢流ZOU軍団Etsurou</option>
+
夢流ZOU軍団OKESA荒井
夢流ZOU軍団OKESA荒井</option>
+
夢流ZOU軍団TODO
夢流ZOU軍団TODO</option>
+
夢流ZOU軍団RYUJI
夢流ZOU軍団RYUJI</option>
+
森田晋
森田晋</option>
+
裸舞美
裸舞美</option>
+
[[乱田舞]]
[[乱田舞]]</option>
+
和田森昇
和田森昇</option>
 
  
 
==歴史==
 
==歴史==

2011年7月18日 (月) 15:22時点における版

概要

正式にはアートビデオはレーベル名で、発売元は株式会社アヴァ。代表取締役は河村良雄(=峰一也)。遅くとも1980年代の後半からビデオ制作を開始している。1982年(昭和57年)初頭から雑誌に宣伝。

別名

レーベル

主な監督

裏川幸 ジャンゴ修 一 天晴凡夫 荒木Etsurou 荒木悦郎 痛見快楽 一縄詩音 一瀬JUN 海野TODO 黒田透 小宮三太 GOLDMAN 斉藤茂介 榊原賢 榊原KEN 佐渡万造 シルビア滝口 シンプルSANO JINNO JINNO悟 高瀬泉 高橋孝英 篁りょう ダーティ工藤 チャールズ・ヤン 豊田薫 ドクター・チム 中野貴雄 七星遊一 成田均 名和徹 濡木痴夢男 猫男爵 速水健二 東園賢 松原剛 ミスターK 水城洋助 MINECK軍団 ミネック軍団 ミネックJr. 峰一也 村上RYUJI 夢流ZOU 夢流ZOU軍団Etsurou 夢流ZOU軍団OKESA荒井 夢流ZOU軍団TODO 夢流ZOU軍団RYUJI 森田晋 裸舞美 乱田舞 和田森昇

歴史

1980年前後、創始者の峰一也はカメラマンとしてSMファン(司書房))などのグラビアを撮影していた[1]

1980年(昭和55年)夏以降、麻来雅人濡木痴夢男にスカウトされアートビデオの現場に参加。そこで峰一也と初対面。1980年の後半に『狂い泣く肉奴隷『淫らな悪魔』『虐糞アナル地獄 SM陰獣[注 1]などに男優として出演。この頃は、峰一也は主に通信販売で製作したビデオを販売していた[2]

1981年頃、流通ネットワークを開拓し、過去の通信販売で販売していた作品も、再度ビデオ番号をつけて販売。

初期の作品

所在地

代表作

エピソード

引用文献

注釈

  1. 「餓狼の罠」もそうかもしれない
  2. 2.0 2.1 2.2 これらの作品は1980年(昭和55年)夏から暮れにかけての半年の間のいつかに撮影されている。

お役たちweb

つながり