葛飾北斎

提供: SMpedia
移動先:案内検索

かつしか ほくさい、1760年(宝暦10年)10月31日-1849年(嘉永2年)5月10日

概要

江戸時代後期を代表する浮世絵師。葛飾派の祖。勝川春章の門人だったが破門。弟子の岡本北俊伊藤晴雨の伯父にあたり、伊藤晴雨岡本北俊の影響を受けている。

別名

主な出来事

エピソード

  • 1888年(明治21年)頃には伊藤晴雨が少年期を過ごした向島曳船通りに葛飾北斎の住居跡がまだあった[1]

引用文献

  1. 伊藤晴雨責のこれくしょん』(私家版, 1952.1.15)

注釈

お役たちweb

つながり