美芸会

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
美芸会を代表する女王様、立花玲子

びげいかい松田富治男が1966年(昭和41年)に大阪で発足させたSMサークル。1971年には静岡に移り立花玲子が前面に。その後東京に移り80年代にはビデオ制作。

概要

松田富治男が1966年(昭和41年)に大阪で発足させたSMサークル。1971年(昭和46年)には静岡に移り、立花玲子を中核とした女王様サークルとなる。やがて1980年頃に東京に進出。ビデオの製作会社名でもある。SMクラブの歴史において重要な位置をしめる。

別名

美藝会

所在地

豊島区池袋2-1037(1984頃)

歴史

1966年(昭和41年)9月、松田富治男が大阪府寝屋川市で美芸会を発足[1]

1971年(昭和46年)、美芸会は静岡県清水市に移る。

1970年代後半、美芸会立花玲子を中核とした女王様サークルとして有名となる。

1980年頃東京に進出。美芸会としてビデオを出す。姉妹会の「松田企画」は新宿に事務所を開く。

1982年(昭和57年)、別冊S&Mスナイパー1982年(昭和57年)4月号に「立花冷子V.T.R.ついに登場」「第1弾S女シリーズ 立花冷子調教日誌より 奴隷の契り」の広告。連絡先は美芸会放映事業部(豊島区)となっている。同広告には「レスビアン特別分譲写真」の案内が「立花プロモート」(新宿区西新宿7-14-2)から。

1982年(昭和57年)8月28日、下北沢ののライプ・ハウス「スーパーマーケット」にて「山本晋也監督のSMプレイトーク」。出演:山本晋也松田富治男、野末、サトミ[2]松田富治男は「美芸会会長」として紹介されている。

1982年(昭和57年)9月、週刊サンケイ31巻40号に「山本晋也の艶笑対談(48):秘所にピアス、SMプレイのすごい女たち / 松田富治男 ; 栗山正司

1985年(昭和60年)3月13日、S&Mスナイパー5月号に「池袋西口に新事務所を開所」とある。

ビデオ

  • SMの女王・立花令子のマゾ男調教』(美芸会, 1982)(30分。30,000円)[3]
  • 陽子の秘密』(美芸会, 1982)(出演:鈴木陽子。30分。15,000円)[3]
  • 私の女王様』(美芸会, 1982)(30分。23,000円)[3]
  • 立花沙織の好奇心』(美芸会, 1982.6.25)(出演:立花沙織立花令子。60分。25,000円)[3]
  • 女王様のムチ遊び
  • 疑惑のM男
  • 女が女を責める時』(出演:立花玲子藤さとみ)
  • マゾ男地獄責め
  • マゾ女夢ごこち』(美芸会, 1984頃)
  • 変態撮りっぱなし』(美芸会, 1984頃)(出演:鈴木陽子)
  • 陽子の秘密 妊婦編』(美芸会, 1984頃)(出演:鈴木陽子)
  • 森に戯れて』(美芸会, 1984頃)(出演:藤さとみ)
  • 師匠はサド』(美芸会, 1984頃)(出演:立花玲子藤さとみ)

エピソード

  • 最初は『嗜虐の会』という名で会員を集める[1]
  • 発足時は会員数約30人。
  • 20年弱で十万人以上の会員数。一時は全国で47支部[1]
  • 1977年(昭和52年)に村山浩介が会員。静岡に移る頃は約100名[1]
  • 入会規則が厳しく、団鬼六が『あの厳粛にして峻烈な入会規則書は読んだことがあります。』と述べている[4]
  • 2chに「鉄工所経営」をしていたという書き込みがある。
  • 2chに「仲富士礼子」という女王様がいたとの書き込みがある。
  • 他に、木村みどり、水野美栄子、松田麻美が在籍していた。
  • 1970年末に11PM(月曜日)で、カルーセル麻紀美芸会を取材する放送があった。
  • 館淳一「男性Sの会員も入れたんですが、たとえSであっても、Mの気持ちを分かるためと称して、入会審査時に女王さまによるMプレイを受けるのが義務でした。」[5]
  • 長田一美「先代(長田英吉)から聞いてる美芸会。先代がM男として、遊びにいったとか。隠し部屋とか、ロマンがありましたねぇ」[6]
  • 80年代初め、サオリ女王による調教の模様の音声を収録した30分か40分の収録時間のカセットテープを5千円で発売していた。[7]

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 北原童夢SMクラブの考現学S&Mスナイパー1989年(平成元年)3月号
  2. 『座談会 山本晋也のSMプレイトーク』 SMプレイ情報1982年(昭和57年)11月号]]
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 videoプレス1982年(昭和57年)8月号の美芸会の記事に紹介されている。
  4. 「花は紅 団鬼六の世界」(幻冬社, 1999)
  5. FaceBookへの書き込み(2014.10.5)
  6. FaceBookへの書き込み(2016.8.7)
  7. 人間椅子サロン「み」June 13, 2008

注釈

お役たちweb

つながり

立花玲子