残酷ショー

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

1960年代にブームとなった、ストリップ、小演劇のジャンル。ローズ秋山忍妙子など。

別名

残酷ショウ地獄絵ショー獄図絵ショー地獄図絵ショー残酷劇

主な出来事

1960年(昭和35年)、浅草で「残酷ショー」の『花嫁と山男』の公演[1]

1962年(昭和37年)から1965年(昭和40年)すぎに「残酷ショー」が流行る。ロベルト秋山(=ローズ秋山?)、伊藤残酷ショー(=伊藤一夫?)。鉄の五郎ショーとか次々現れた[2]

1965年(昭和40年)頃、深井俊彦が「残酷ショー」を始める。全盛期は30組ほど存在[3]

1968年(昭和43年)、奇譚クラブ1968年(昭和43年)7月号の「最近の縛り演劇・映画から」で忍妙子の「地獄絵ショー」の紹介。

1969年(昭和44年)、奇譚クラブ6月号, p123に「地獄図絵ショー見聞録」で十三木川劇場でロングラン中の「関五郎忍耐子地獄図絵ショー』」の紹介。忍耐子は誤植か?

1969年(昭和44年)、奇譚クラブ8月号に忍妙子一座の「血塗られた墓標」(於カジバシ座、1969頃)[4]

1970年(昭和45年)、奇譚クラブ1月号, p242に「『残酷ショー』見学記」

1970年(昭和45年)、奇譚クラブ9月号, p207に『残酷 地獄絵ショー』、忍妙子モダンアートでの公演の様子。

エピソード

資料

引用文献

  1. 中谷陽おお特出し』(立風書房, 1974)
  2. みのわひろお『日本ストリップ50年史』(三一書房, 1999)
  3. 佐山淳『外人関西ヌードショウ』新劇、1973年(昭和48年)9月号
  4. 南彦造「演劇批評:『残酷劇』見たまま」奇譚クラブ1969年(昭和44年)8月号

注釈

お役たちweb

つながり