桜田信

提供: SMpedia
移動先:案内検索
1980年頃の桜田信S&Mスナイパー2005年(平成17年)11月号より。

さくらだ しん、19??年(昭和??年)-

概要

桜田伝次郎が主宰していたGSG企画のSMショーで責め役として出演しいたパフォーマー。GSG企画の西荻窪アトリエでの公演に限って出演していた。

別名

english

略歴

1977年(昭和52年)、桜田伝次郎、黒川真由美、桜田信でGSG企画[注 1]を発足。西荻窪、大塚の『SMボンバー』、中野の『東京SM倶楽部』でGSG企画のSMショー[1]。ただし桜田信GSG企画の西荻窪アトリエでの公演に限って出演していた[2]

1978年(昭和53年)、西荻窪のビルの地下で行われていたGSG企画のショーで、明智伝鬼桜田伝次郎桜田信が出会う[1]

1980頃(昭和55年)?、当初桜田伝次郎は企画のみに専念しており、舞台には出演していない。GSG企画の西荻窪アトリエに出演していた桜田信が急病のため、代理として舞台に上がったのが最初のSMショーの出演。この時、桜田信をもじって桜田伝次郎という名前が誕生した[2]

1980(昭和55年)8月28日-30日、西荻窪のGSG企画室にて『SM飼育室II~SM/漂流・聖女の島』出演:桜田信[3]

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 北原童夢『明智伝鬼と戦後日本のSM史』in 『変態さんがいく』(別冊宝島編集部, 2000)
  2. 2.0 2.1 桜田伝次郎, 私信 to U, 2014.4.9
  3. ぴあ1988年(昭和55年)No.111

注釈

  1. 杉並区西荻南2-19-10

お役たちweb

つながり