山田詠美

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

やまだ えいみ、1959年(昭和34年)2月8日-

概要

文筆家で元ミストレス。元漫画家。

別名

山田双葉(本名)、森村チカ、森村ちか、渡辺エミ

略歴

明治大学文学部日本文学科在学中に漫画家デビュー。

明治大学文学部日本文学科中退。

1984年(昭和59年)5月25日、三世社スタジオで濡木痴夢男と撮影。

1984年(昭和59年)、SM秘小説9月号に森村ちかの緊縛グラビア。

1985年(昭和60年)夏前、中野クィーンに女王様として入店[1]

1985年(昭和60年)、『ベッドタイムアイズ』で第22回文藝賞受賞。

1985年(昭和60年)11月15日、「フライデー」が山田詠美がSMクラブの女王様であることを記事に。

1986年(昭和61年)、小説SMセレクト1月号にグラビア「本年度文藝賞受賞 山田詠美女史緊縛写真」

1987年(昭和62年)、『ソウルミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞を受賞。

エピソード

  • 作家デビュー前にSMクラブで働いていたと自ら書いている。
  • 「かつて上野の某旅館でSM緊縛撮影会というのがあって、その現場に警察が踏み込んだのですよ。で、このS本さんと故長田英吉師が逮捕されてしまった。その時のモデルの一人が山田詠美で、彼女は出番が終わって帰ったあとだったので難を逃れた。 」(館淳一の「ぐらんぴ日記」2010年12月06日より)


代表作

引用文献

  1. 森美貴わたしだけが知っている作家・山田詠美「ひざまずいて脚をお舐め」ができた頃』in 別冊宝島「変態さんがいく2」1997年(平成9年)7月16日

注釈


お役たちweb

つながり