小村雪岱

提供: SMpedia
移動先:案内検索
小村雪岱お伝地獄
小村雪岱 日曜報知 1934年(昭和9年)5月号の子母澤寛『鉄火江戸侍』の挿絵

こむら せったい、1887年(明治20年)3月22日-1940年(昭和15年)10月17日

概要

大正から昭和の戦前まで活躍した絵師。挿絵画家。時代考証に通じ、舞台美術家としても名を成す。資生堂意匠部にいたこともある。余白をいかした簡潔な構図が特徴。須磨利之が「影響を受けた絵師」としてしばしば名をあげている。

別名

english、安並泰輔(本名)

略歴

1887年(明治20年)3月22日、埼玉県川越市郭町に生まれる。

1900年代、東京美術学校在学中、下村観山、のち松岡映丘に師事する。

1909年(明治42年)、東京美術学校日本画科卒業。

1914年(大正3年)、泉鏡花の『日本橋』の装幀

1918年(大正7年)、資生堂に入社、化粧品広告担当。

1934年(昭和9年)、読売新聞に連載された邦枝完二お伝地獄』の挿絵を担当。

1940年(昭和15年)10月17日、永眠。

2010年(昭和22年)、芸術新潮 2010年 2月号で特集。

エピソード

代表作

引用文献

注釈


お役たちweb

つながり