大橋月皎

提供: SMpedia
移動先:案内検索
大橋月皎『娘道成寺』。1956年頃。

おおはし げっこう、1895年(明治38年)-

概要

画家。挿絵画家。美人画、歌舞伎絵を得意とした。伊藤晴雨と関係があった模様。

別名

english

略歴

1916年(大正5年)、神戸にいた頃『活動写真界』の似顔絵募集で一等賞。選者が伊藤晴雨で、この時が初めての出会い[1]

1917年(大正6年)頃、上京して伊藤晴雨を訪ねる[1]

1926年(大正15年)。『講談倶楽部』10月増刊号の佐川春風[注 1]十二時前後[注 2]』の挿絵。

エピソード

  • 染織家久保田一竹(1917-2003)が一時師事していた。
  • 歌舞伎座(劇場の)廊下に机を出して即興で役者の似顔絵を描いていた[2]

代表作

書籍

  • 久米正雄『蛍草 冷火』(新潮社, 1928)の挿絵
  • 大橋月皎日本童話』(與文社, 1929)

雑誌

引用文献

  1. 1.0 1.1 晴雨画伯を偲んで裏窓1961年(昭和36年)4月号, p176.
  2. 『歌舞伎のイラストレーション研究所!』

注釈

  1. 森下雨村が少年小説を発表する際に用いた筆名。
  2. この作品は横溝正史による代作(浜田知明氏の調査による)とされている。

お役たちweb

つながり