夢の城

提供: SMpedia
移動先:案内検索
SM遊戯術』1985年(昭和60年)12月に紹介されている夢の城の『真珠の間』。

ゆめのしろ。1970-80年代に新大久保にあったラブホテル。『真珠の間』には「檻」や「三角木馬」が設置されており、濡木痴夢男他がSM雑誌の撮影で利用していた。

概要

1970-80年代、新大久保にあったラブホテル。『真珠の間』と呼ばれる「檻」や「三角木馬」が設置されたSM部屋があったために、SM雑誌の撮影などによく使われた。

別名

所在地

東京都新宿区

歴史

1973年(昭和48年)3月15日、濡木痴夢男SMセレクト増刊号のための撮影を「夢の城」でおこなっている[1]

1978年(昭和53年)、スペシャリーS&M第4号で「檻のある”夢の城”でのシコ」

1979年(昭和54年)、スペシャリーS&M第6号の荒川也寸志『快哉塾』で紹介。

1985年(昭和60年)12月、SMスピリッツ12月20日増刊号『SM遊戯術』で渡縛人夢の城を紹介。

エピソード

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり