唄子の店

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
SMファンタジア1974年(昭和49年)11月号掲載の唄子の店広告
SM奇譚1980年(昭和55年)1月号掲載の唄子の店広告
SMクラブ1983年(昭和58年)2月号掲載の唄子の店広告

1960年代〜80年代に大阪阿倍野区にあったSM、女装、同性愛などの変態趣味者が集うフェティッシュバー。長池士アムスの母体ともいえる。

概要

1963年(昭和38年)年頃、大阪阿倍野の阿倍野体育館の裏にあったバー。店主は当時40代の女装趣味者。1Fがスタンドバーで2Fがプレイルーム。SM、ホモ、レズ、3P愛好者などが集っていた。長池士が出入りしていた。(いそのえいたろう『性狂伝』(徳間書店, 1999)、奥山五月『SM大阪人』より)。

別名

観光スタンドバー 唄子, 全国友好親睦会

所在地

大阪阿倍野でスタートしたが、火事でお店が焼けたために、同じ阿倍野区の阿倍野体育館の裏に移転[1]

歴史

1974年(昭和49年)11月、SMファンタジア11月創刊号に「観光スタンドバー『唄子』」の広告。「女装の部」「男性的HOMO、SMの部」「SM女王の部」「唄子の部」の4部を募集。

1976年(昭和51年)2月、SMファン2月号に『女装の家』『全国友好親睦会』の広告。

1980年(昭和55年)1月、SM奇譚1月号に『全国友好親睦会』の広告。新店舗はアベノ体育館裏・観光スタンドクラブ「雄・雌・唄子」とある。このころ、火事と共に場所を移転した模様。

エピソード

  • 1950年代に創業との情報もある[2]
  • 「唄子」の系譜を引く女装サロンが「ロマン」(梅田茶屋町)「トークばら」(南森町)[3]
  • 唄子の店の客であった長池士を含む3名がアムスを結成。[1]

関連書籍

引用文献

  1. 1.0 1.1 長池士, 私信 to U, 2011_8
  2. 【女装業界歴史館】大阪の女装業界史(1)-スナック唄子に始まるミナミからキタへの伝播
  3. 女装男子かなこのブログ

注釈

お役たちweb

つながり