吉田潤

提供: SMpedia
移動先:案内検索
吉田潤写真集戦後フォーカス293-夢の輝き-(潮出版社, 1983)
1947年(昭和22年) 帝都座での『額縁ショー』。吉田潤写真集戦後フォーカス293-夢の輝き-(潮出版社, 1983)より

よしだ じゅん、1908年(明治41年)-2003(平成15年)。戦前から戦後の報道写真家。硬派写真と共に、SMセレクトSMコレクターの初期の緊縛写真も担当。

概要

戦前から戦後にわたり活躍した明治生まれの報道写真家。広島・長崎の被爆地、復興する銀座などの硬派写真と共に、「額縁ショー」など戦後と共に誕生した風俗に関する貴重な写真を残した。SMセレクトSMコレクターの初期カメラマンでもある。

別名

略歴

1933年(昭和8年)、天連に渡る。その後、奉天、北京と移り住み、写真家として活躍[1]

1936年(昭和11年)、ハンガリー・ブタペストでおこなわれた写真の元祖ダゲールを祝った写真100年祭で、ドイツのポール・ヴォルフ、フランスのフラッサイ氏らと共に金メダルを受賞[1]

1946年(昭和21年)5月、日本に引き揚げ[注 1][1]。林忠彦[注 2]と二人で写真事務所を開く。カストリ雑誌などの写真を撮る。

1946年(昭和21年)頃、サン写真新聞[注 3]の写真を撮影。

1951年(昭和26年)、「USカメラ年鑑1951年版」に中村立行「ヌード」、吉田潤「女流彫刻家」、天野竜一「ペンジュラム」が入賞掲載。

1970年(昭和45年)、SMセレクト創刊号のグラビアを撮影。

1974年(昭和49年)9月30日、濡木痴夢男によるSMセレクトの撮影を「けごん旅館」にて。モデル:南ゆき[2]

2006年(平成18年)3月6日ー3月18日、ヴァニラ画廊にて吉田潤写真展『花咲く昭和ストリップ

エピソード

代表作

引用文献

注釈

  1. 引き揚げに際し、現地で撮影した数万点の写真は全て焼却した(持ち出しが厳禁されていたので)。
  2. 1918年(大正7年)生まれ1990年(平成2年)没の写真家。戦中、北京で吉田潤と知り合う。
  3. 1946年(昭和21年)創刊の夕刊タブロイド新聞。毎日新聞系列。1960年(昭和35年)まで続く。その後の夕刊フジや日刊ゲンダイのさきがけ的存在。

お役たちweb

つながり

武いさを