中村古峡

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
中村古峡1881年(明治14年)2月20日-1952年(昭和27年)9月12日。『変態心理学講話集. 第1編』(日本精神医学会, 1918)より。
變態心理1918年(大正7年)第1巻4号

なかむら こきょう、1881年(明治14年)2月20日-1952年(昭和27年)9月12日。精神病理学を対象としたカウンセリング活動の草分け。雑誌『變態心理』等で「変態」という語と概念を普及。夏目漱石の門下でもある。

概要

千葉医学校(千葉大学医学部)教授。日本精神医学会を設立。『變態心理』を発行。精神病理学を対象としたカウンセリング活動の草分け[1]。「変態」という語と概念を普及に貢献[1]

別名

english、中村蓊、胆駒古峡

略歴

1881年(明治14年)2月20日、奈良に生まれる。

東京帝大在学中に、朝日新聞に『殻』[注 1]を連載。

東京帝大文学部心理学科卒業

東京朝日新聞に入社

1917年(大正6年)、日本精神医学会から雑誌『變態心理』創刊。

1920年代、東京医専(現東京医大)で医学を学び、千葉大学医学部で精神医学を研究

1929年(昭和4年)、千葉市千葉寺町に数軒の民家を借りて神経症患者の治療を開始。

1934年(昭和9年)、千葉市千葉寺町の道修山に「中村古峡療養所」を開設。

戦後に名古屋医科大学から医学博士授与[1]

1949年(昭和24年)、「中村古峡療養所」は「中村病院」と改称。

1952年(昭和27年)9月12日、永眠。

エピソード

  • 夏目漱石の門下。

代表作

  • 中村古峡変態心理の研究』(大同館書店, 1919)
  • 中村古峡変態性格者雑考』(文藝資料研究会, 1928)
  • 中村古峡変態心理と犯罪』(武俠社, 1930)

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 秋田昌美性の猟奇モダン―日本変態研究往来』(青弓社, 1994)

注釈

  1. 自伝的小説。精神病を患った弟をめぐる看護の体験など。

お役たちweb

つながり