ラー企画

提供: SMpedia
移動先:案内検索

らーきかく

概要

天井桟敷に在籍していた橋本光史松尾誠を中心とした舞台空間の創造集団。1980年前後に活動していたと思われる[1]。当時の多くの前衛劇団がそうだったように、活動資金獲得のためにいろいろなショーにメンバーを出演させており、長田英吉川上譲治ラー企画のタレントを使ってSMショーをおこなっていた。

歴史

1980年(昭和55年)12月、川上譲治ラー企画のメンバーを使った前衛SMショー『胡弓&カラス』をモダンアートで上演して大人気となる[1]

1980年(昭和55年)頃から1985年(昭和60年)頃、川上譲治長田英吉の舞台企画に関わる。

1981年(昭和56年)頃[注 1]川上譲治企画によるスカイ劇場SM大会の記者会見を兼ねたイベントを新宿ACB会館でおこなう。長田英吉玉井敬友GSG企画が出演し、ラー企画も参加[2]

メンバー

橋本光史松尾誠(カラス)、根暗童子、千葉[1]、小野寺[1]森美貴麻生うさぎ、和枝

所在地

  • 港区赤坂4-3-31
  • 練習場は赤坂見附[1]

エピソード

作品

  • SM前衛緊縛ショー カラスと胡弓』PUSSY 1981年(昭和56年)6月第12号 (インテリジェンス社)

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 川上譲治さらばストリップ屋』(朝日新聞社, 1988)
  2. 2.0 2.1 森美貴, 私信 to U

注釈

  1. あるいは、1982年(昭和57年)

お役たちweb

つながり