あけぼの会事件

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

1959年(昭和34年)11月に発生した奇譚クラブの常連寄稿者であった森下高茂が主宰するSMサークル関連のトラブル。「週刊現代」ではでに「変態行為」と攻撃されたためにSMに関するネガティヴなイメージが世間に広がることになった。

事件の概要

「週刊現代」による[1]

  • 1958年(昭和33年)9月、『奇譚クラブ』の同好の士を全国から募集。これを機に「あけぼの会」の設立を計画。
  • 「M・S趣味の会。希望者は、世田谷局区内私書函十三号へ」と広告。中条泰太郎、大島、西岡らを部下として3名の女性を会員にあっせんし変態行為をさせる。
  • 1959年(昭和34年)4月頃、「あけぼの会」が本格的に活動開始。入会金千円、会費二千円/月。仲介料が3000-5000円。女性は田崎美代子ら12名に増える。
  • 1959年(昭和34年)7-9月、「みやこホテル」「大洋ホテル」で活動。
  • 1959年(昭和34年)10月、代々木山谷の某ホテルで「あけぼの会」主催の撮影会。18名参加。
  • 同年10月頃、上記の撮影会に参加した会社員某が、自身の写った写真をねたに30万円を恐喝されたとして、目黒碑文谷署に届け出る。
  • 1959年(昭和34年)11月、目黒碑文谷署は森下高茂を、売春防止法違反、恐喝、同未遂、公然ワイセツ等の容疑で逮捕。「あけぼの会」の手入れ。検挙されるまでに100万円ぐらいをあらかせぎ。
  • 森下高茂、中条泰太郎は送検されたが、森下高茂は保釈中。

森下高茂による[2]

1954.11 http://nawa-art.com/backnumber/1950/195411/03/158.html

引用文献

  1. 「暴かれた上流階級の変態クラブー映画“甘い生活”の日本版ー」『週刊現代』1960年(昭和35年)8月28日号, p72-74.
  2. 原忠正『『あけぼの会事件』について』奇譚クラブ1961年(昭和36年)2月号, p212

注釈

お役たちweb

つながり

森下高茂 エロ法規制の歴史