SAMM

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

概要

賀山茂のSMサロン。

別名

所在地

港区麻布台1-4-3フェニックスビルB1F

歴史

1979年(昭和54年) 賀山茂が六本木に設立したSMサロン。

1980年(昭和55年)、長田英吉が定期的(週に何回か、8時と10時)にショーをやっていた模様。この頃、花真衣長田英吉のショーパートナーとして参加[1]

1981年(昭和56年)6月20日、S&Mスナイパー1981年(昭和56年)9月号の記事では、「6月20日にオープン」とある。

1981年(昭和56年)10月、花真衣自縛ショーを始める[注 1]

1982年(昭和57年)6月、SAMMの客の一人であった新東宝の専務が花真衣を誘い『濡れ肌刺青を縛る』(監督:渡辺護)を作る。

1983年(昭和58年)、にっかつ団鬼六 蛇の穴』(鬼プロ製作)の冒頭の花真衣自縛ショーのシーンがSAMMで撮影。

1984年(昭和59年)6月16日、独自のSM劇団を組織し、旗揚げ公演[2]

1984年(昭和59年)6月23日、SAMM3周年記念パーティー[2]

エピソード

  • 早乙女宏美花真衣森美貴などが出演。
  • 団鬼六、梶山季之、長田英吉桜田伝次郎明智伝鬼が集う[3]
  • SAMMはTV番組「キーハンター」の撮影によく使われていた[1]
  • 「前室がカウンターバーで、アラビアンナイト風の衣装をまとった、ややS風の女性がホステスをつとめる。」「ショーが始まると、会員だけが秘密のバーに入れるシステム。会員は入会金10万円で、一回遊ぶと8-10万円かかるので、相当のお金持ちしか会員になれない。」「当時としては珍しいカードキーがあり、それを差し込むと、一見壁のようなところが開き、奥の秘バーに。そこは広くて、舞台が中央に有り、丸テーブルがいくつも。洞窟の雰囲気。」[1]
  • 「牢獄の扉を開けてもらうと、まず、カウンターバーがあり、ショータイムが行われる8時になると奥のバーへ会員だけが入れるシステムでした。ショータイムは1日2回。あとはSMビデオがずーっと流れていました。ときおり、お客さん同士でプレイが始まることもありましたよ。 」[4]
  • 「年に1, 2回、パーティが行われていました。花真衣さんが出た回は今でもよく覚えています。初代葵マリさんも出てました。記憶に寄れば…。なぜなら、その後にスカがあったから。これは生まれてはじめてだったので、よーーーーく覚えています。パンにのせて食べていた人もおり、うわわーということで、奥の部屋には決して近寄りませんでした。」[4]
  • 「地下には中国人の料理人がいて、美味しい中華料理をサーブ。彼に教えてもらったクリーム煮を今でもお店で出している」[1]

ビデオ

  • 女教師・縛り悶絶』(みみずくビデオ, 198?)(監修:SAMM、出演:岡美由紀、佐々木夏子)

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 花真衣私信 to U, 2012.2.7
  2. 2.0 2.1 SMスピリッツ1984年(昭和59年)7月号
  3. 賀山茂の世界』より(既に閉鎖されたHP)。
  4. 4.0 4.1 森美貴私信 to U, 2012.2.12

注釈

  1. きっかけは、長田英吉が交通事情でショーの開始時間に間に合わないことが分かったので、急遽賀山茂に提案し、自分一人で緊縛ショーを行ったところ、予想以上の反響があった(花真衣私信 to U, 2012.2.7)

お役たちweb

つながり

賀山茂 花真衣とSAMMと長田英吉