秋吉巒

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
秋吉巒 (1922-1981) 『風俗草紙』表紙(1953)

あきよし らん、1922年(大正11年)-1981年(昭和56年)。1950年代から70年代にかけて『風俗草紙』『裏窓』『SMキング』『SM奇譚』などの表紙・挿絵。澁澤龍彦が「通俗シュルレアリスム」と評価。

概要

画家。『風俗草紙』『奇譚クラブ』『デカメロン』『宝石』『裏窓』『SMコレクター』『サスペンスマガジン』『SMキング』『SMファン』『別冊SMファン』『SM奇譚』『SMプレイ』などの表紙・挿絵をてがけていた。

別名

Ran Akiyoshi、秋吉照國(本名)、秋吉らん、秋吉巒鬼、根元裕、桧山紀太郎

略歴

秋吉巒 (1922-1981) 『裏窓』1958年(昭和33年)10月号表紙

1922年(大正11年)8月22日、京城生まれ。

1946年(昭和21年)、終戦後九州を経て上京[1]

1947年(昭和22年)、結婚。米軍将校の肖像画などを描いて生計[1]

1950年(昭和25年)頃、『デカメロン』等の表紙の仕事を始める。その後、モダン夫婦讀本、新婦人(昭和28年)、探偵倶楽部(昭和32年)、現代読本(昭和31年)、讀物雑誌(昭和32年)、別冊漫画天国(昭和39年)、人間の記録、不思議な雑誌、『風俗草紙』『奇譚クラブ』『デカメロン』『宝石』『裏窓』『SMコレクター』『サスペンスマガジン』『SMキング』などの挿絵、表紙を書く。

1958年(昭和33年)10月、『探偵倶楽部 耽奇ミステリーよみもの』に掲載された『ムードスリラー 赤い蝙蝠』(構成:秋吉巒、製作:高須信次郎・秋吉巒)では、文も書いていたようだ。

1971年(昭和46年)12月、『SMファン』創刊号の目次カットと藤見郁『人斬り』の挿絵。

1974年(昭和49年)、異端文藝創刊号で特集「秋吉巒の世界」

1981年(昭和56年)、心不全で没。58歳

1982年(昭和57年)、青木画廊で遺作展。

2010年(平成22年)、風俗資料館と青木画廊で『知られざる秋吉巒の世界』展。

エピソード

  • 生涯1枚の絵画も売らなかったといわれる。
  • 絵は独学で、挿絵の仕事で生計を立てていた。
  • 澁澤龍彦が評価。「通俗シュルレアリスム」と呼ぶ。

代表作品

引用文献

  1. 1.0 1.1 秋吉巒四条綾 エロスと幻想のユートピア~風俗資料館秘蔵画選集1」(書苑新社, 2010)

注釈

  1. 編集はアトリエサード

お役たちweb

つながり

SM殿堂