南川和子

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
南川和子 (奇譚クラブ1953年10月号 )

みなみかわ かずこ(生年月日不詳)。

活動内容

1953年頃、奇譚クラブに作品発表した絵師。文筆家。熟女を描き、極端に縄の量が少ない「責め絵」が特徴。男性。

別名

Kazuko Minamikawa

略歴

1953年(昭和28年)12月、KK通信第15号に南川和子の文に杉原虹児がイラスト。南川和子はこの後、奇譚クラブに絵師として登場。

エピソード

  • 「緊縛画」ではなく「責め絵」「苦悶絵」[1]
  • 「南川和子の描く責められる女は、極端にいうと苦痛の表情のみである。女の心を踏みにじり、抵抗を封じ、無理やり苦痛を与えるといった、強い虐待の意思がみえる。」[1]

作品

引用文献

  1. 1.0 1.1 濡木痴夢男『「奇譚クラブ」の絵師たち』(河出書房新社, 2004)

注釈

お役たちweb