Charles François Jeandel

提供: SMpedia
移動先:案内検索
Charles François Jeandelの写真作品

しゃるる ふらんそわ じゃんでる、1859年(安政5年)-1942年(昭和17年)。19世紀のフランスの写真家。写真が普及すると同時に緊縛写真を撮影しており、伊藤晴雨より古い、世界で最初の緊縛写真家なのかもしれない。

概要

日本では江戸時代相当する時期にフランスで生まれ、明治時代にあたる1890年-1900年に緊縛写真を撮影していた画家で写真家。20世紀終わりにドイツのコレクターの所蔵品の中から、作品アルバムが発見された。おそらく緊縛写真としては最も古いものと思われる。後ろ手縛り、手首吊り、逆さ吊り、連縛など、今日の緊縛に見られる縛りが19世紀のパリで行われていたことになる。

別名

シャルル・フランソワ・ジャンデル、english

略歴

1859年(安政5年)、フランスのリモージュ(Limoges)に生まれる。

1889年(明治22年)、画家を目指すが開架せず引退。引退後緊縛写真を撮り始める[1]

1988年(昭和63年)、ドイツのコレクターがオルセー美術館に寄贈した作品の中にたくさんのCharles François Jeandelの緊縛写真が見つかる。

エピソード

代表作

引用文献

注釈


お役たちweb

つながり