香西昇

提供: SMpedia
移動先:案内検索

こうさい のぼる、1901年(明治34年)頃? -

概要

戦前からの「オール讀物」の編集長。1957年(昭和32年)頃、当時文藝春秋新社の「文藝春秋クラブ」の館長をしていた香西昇は、団鬼六の面倒を見ていた。香西昇の実姉香西織恵は、団鬼六の母、香取幸枝の友人であった[1]

別名

english

略歴

戦前、

1943年(昭和18年)、永井龍男が設立した満州文藝春秋社に参画し、満州に渡る[1]

1947年(昭和22年)頃、式場俊三らと日比谷出版社を設立。「文藝讀物」[注 1]などを発行[1]

1948年(昭和23年)、公職追放処分を解かれた永井龍男が日比谷出版社に社長として参画[1]

1950年(昭和25年)頃、日比谷出版社倒産[1]

1950年(昭和25年)頃、文藝春秋新社の「文藝春秋クラブ[注 2]」の館長となる。

1957年(昭和32年)頃、団鬼六が母香取幸枝の勧めで香西昇に相談に行く[1]

1959年(昭和34年)5月、団鬼六が新橋でバー経営を始めたことに激怒し絶交。

エピソード

  • 「オール讀物」の初代編集長、永井龍男の右腕[1]

主な編集物

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 大崎善生赦しの鬼 団鬼六の生涯』第四回「小説新潮」2011年(平成23年)9月号

注釈

  1. 「直木賞」を2回担当した。
  2. 東京都京橋区木挽町にあった三階建ての日本家屋。1階はサロン。昭和の初めは直木三十五の仕事場で、第二婦人の香西織恵(香西昇実姉で団鬼六の母香取幸枝の友人)が住んでいた。。

お役たちweb

つながり

団鬼六